このページの本文へ

トレーラーやバスで前後が撮れる! 大型車向けドラレコ

2019年10月19日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 大型車向けのリアカメラ付きドライブレコーダー「トラック・トレーラー・バス用リアカメラ付きドライブレコーダー」がサンコーから発売。サンコーレアモノショップ秋葉原総本店にて、1万4800円(税込)で店頭販売中だ。

大型車に対応するドライブレコーダーがサンコーから。7型サイズの大きめディスプレーを搭載している

 トラックやトレーラー、バスなどの大型車への取り付けを想定したドライブレコーダー。フロントカメラだけでなくリアカメラも付属した製品で、大型車向けとあって、リアカメラ用には約15mものロングケーブルが採用されている。

 大型車でも多方向撮影が可能で、フロント140度、リア120度の広範囲を同時に撮影できる。万が一の事故やあおり運転、危険運転などに遭遇した場合でも、より詳細な状況を映像に残せるというワケだ。

リアカメラを備え、前方だけでなく後方も撮影可能。リアカメラを取り回すために、15mものケーブルが付属している
ディスプレー一体型の本体には、フルHD撮影可能な300万画素カメラを搭載。各種スロットやコネクタ、操作用ボタンを備えている

 ドライブレコーダー本体には7型サイズのディスプレーを搭載。300万画素レンズを備えたカメラを内蔵、フルHD(25fps)の動画を保存できる。電源はシガーソケットからの給電(12/24V対応)で、バッテリーも内蔵。録画メディアには最大128GBのmicroSDXCカード(Class10推奨)を使用する。

 そのほか、衝撃を感知して自動でファイルを保護するGセンサー機能、駐車中の衝撃を感知して自動で録画を開始するパーキングモード、車線レーンを逸脱した際に警告してくれる機能などを搭載。リアカメラはナンバープレートや荷台上などに固定する仕様で、リバース信号のコネクタに接続すれば、バックギアを入れた際にリアカメラの映像をディスプレーに表示できる。

 サンコーレアモノショップ秋葉原総本店にて1万4800円(税込)で販売中だ。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン