このページの本文へ

組みたい自作PC構成まるわかり!!第45回

【今月の自作PCレシピ】流行のコラボパーツで組むゲーミングPC

2019年10月19日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ゲーミングPCらしいデザインの
Phantom GamingコラボPCケース

 コラボPCで不可欠になるPCケースは、鋭角デザインのフロントが目を引く、Cooler Master製ミドルタワーPCケース「MasterBox K500」のPhantom Gamingコラボモデル「MasterBox K500 Phantom Gaming Edition」だ。

 PCケース全体に、Phantom Gamingのイメージカラーのレッドとブラックを基調とした象徴的なデザインがあしらわれているのがポイントだ。

 サイドパネルには強化ガラスを採用し、斜めにカットされたフロント部にはマザーボード上のLEDヘッダーピンから制御が可能なRGB LED 120mmファンを2基搭載する。

 そんなPCケースに加えて、オールインワン水冷ユニットのCooler Master「ML240R RGB Phantom Gaming」をチョイスしている。CPUウォーターブロック部分にPhantom Gamingのロゴがあしらわれているほか、RGB LEDファンを2基搭載しているのが特徴だ。

 Phantom Gamingとのコラボデザインだけでなく、すっかり定番になっているLEDイルミネーションで、自分好みにPCを彩れる構成になっている。

「MasterBox K500」をベースに、Phantom GamingのデザインをあしらったコラボPCケース
Phantom Gamingおなじみのラインデザインが施されているサイドパネル。左サイドパネルにはロゴも描かれている
フロントは斜めにカットされたデザインで、2基のRGB LEDファンを搭載。下部のラインデザインとマッチするレッドで光らせるのが良さげ
ラジエーターサイズが240mmのCooler Master製水冷クーラー「ML240R RGB Phantom Gaming」。ウォーターブロック部にはRGB LEDを搭載。PGロゴも光るようになっている
電源ユニットは、ENERMAXとドスパラが共同開発した「ERX750AWT-DP」を組み合わせている。起動時にファンを逆回転させてブレードに付着したホコリを吹き飛ばす機能を搭載する。80PLUS GOLD認証の750Wで、ケーブルはセミプラグイン仕様になっている

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中