このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Windows Info第194回

変更点はそれほど多くないWindows 10の秋アップデートが完成

2019年10月13日 10時00分更新

文● 塩田紳二 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10 秋のアップデートが完成したようだ。今年11月に一般配布予定で、Windows 10 Ver.1909になる予定の「Windows 10 November 2019 Update」(以下、19H2と表記)は、最終版となる予定のビルド18363.418が作られ、Windows Insider ProgramのRelease Previewの参加者向けに配布されることがブログで公表された。

19H2の変更点はそれほど多くない。20H1に含まれていたカレンダーフライアウトからの予定登録は、19H2に含まれることになった

 19H2は、これまでとは違い、大きな機能追加を含まず、もっぱらパフォーマンス向上や品質強化が中心となり、追加機能も「エンタープライズ機能」に限られているバージョンとなる。このあたりに関しては、本連載でも以前扱った(「意味合いが変わる今秋の次期Windows 10バージョンアップ、19H2のプレビュー開始」)。

 19H2は、今夏からプレビューが開始され、Windows Insider Program参加者向けには、Preview Build 18362.10022というバージョンが9月に配布されていた。この9月のバージョンは、現行のWindows 10 Ver.1903では、9月の品質アップデート(KB4517389)を適用したOS Build 18362.418に相当するものだった。

 これに対して 19H2の完成版は、Build 18362.418となり、Ver.1903とはビルド番号で1つ違いで、ピリオド以下の数字が一致するものとなる。これは、19H2とWindows 10 Ver.1903(19H1)が、品質アップデートパッケージを共有するものだからだ。これはつまり、秋のアップデートは、春のアップデートと品質パッケージを共有できる範囲の改良に限られていたことを意味する。

 これに対してWindow 10 Ver.1903をインストールしていて、Release Preview Ringに参加しているインサイダーユーザー向けには、9月からBuild 19363の配布が開始されている。これは、Ver.1903の延長としてインストールされるものだ。

Windows Insider Preview Slow Ringには、20H1が登場

 19H2は、Windows Insider ProgramではSlow Ringで配布が行われていた。19H2のプレビュー版配布履歴を以下の表にまとめておく。

 Preview版の配布には、「Fast Ring」「Slow Ring」「Release Preview Ring」と「Skip-Ahead」の4つの配布チャンネル(Ring)がある。20H1は、今年2月からSkip-Ahead Ringで配布が開始され、現在では、Fast Ringで配布されている。Fast Ringのプレビュー版は、過去には、比較的安定したバージョンがSlow Ringでときどき公開されていた。しかし、20H1に関しては、19H2がSlow Ringを使っている関係でまだSlow Ringには登場していなかった。

 19H2がRelease Preview Ringへ移行したことで、20H1のプレビューがSlow Ringに登場し始める。Slow Ringは比較的安定したバージョンで、通常利用には向かないが、安定した評価が可能だ。なお、Slow Ringで19H2のプレビュー版を受け取っていたWindows Insider Programの参加者には、今後、最終プレビュー版の配布(Build 18363.418)がなされる予定という。ただし、これからRelease Preview Ringに移行しても、すでに19H2のプレビュー版がインストールしてあるユーザーには、配布されないという。Slow Ringの参加者はそのまま留まるのがいいようだ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン