このページの本文へ

新車を買った情報2019第33回

マツダ ロードスターRF用に買った空冷シートが失敗だった

2019年10月12日 12時00分更新

文● 四本淑三、編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

早速バラしてみる

 しかし、数km走って、こりゃあ使えねえや、という結論に達しました。まず、送風の仕組みを見ておきましょう。座面前端に黒い袋がぶら下がっておりますが、ここに電動ファンが入っております。ここから吸った空気を、お尻の下や背中に送り出す仕組み。

 面ファスナーで止まっているバッグのフタを開けると、ファンユニットは簡単に取り出せます。このユニットの向きを変えると、吸気と排気が切り替えられますが、取説にはそんな記述はありませんので念のため。

 さて、この空気がシートの中で実際どう流れているのかが気になるところ。そこで裏側の布をビリビリっと破りますと、茶色いビニールの生地が座面に向かって縫い付けられており、これが空気室を構成しております。

 さらに茶色の生地を破りますと、おろし金か洗濯板のような、黒いペナペナのプラスチックの板が出て参ります。これは座面に人の体重がかかっても、気道を確保するためでありましょう。

 ファンから送り出された空気は、最初に厚手の白いメッシュ生地を通って座面に拡散され、残りが洗濯板の隙間を通ってバックレストへ送られるというものです。なるほど、ダメな理由が確認できました。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ