このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

ThunderboltでMacBook Proに接続、85W対応USB PDも

4K HDR動画編集にも対応できる、プロ仕様のBenQモニター「PD3220U」がいい!

2019年10月18日 17時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

長くなる作業時間も考慮したアイケア

 長時間作業をしていると、やはり目が疲れてくる。そんなときはブルーライト軽減モードが用意されているので、アイケアとして活用したい。「マルチメディア」、「ウェブサーフィン」、「オフィス」、「閲覧」と4つのモードが用意されていて、作業に合わせて設定できる。閲覧モードが、いちばん黄色味がかかった色合いになりもっとも低減されるが、マルチメディアは色味の変化が少ないので、作業時に利用するといいだろう。

ブルーライト軽減モードは4つあり、作業内容によって選択しよう

 また、フリッカーフリーに対応。液晶のバックライトで使用されているLEDによる明滅により、人間の目では認識できないレベルだが、フリッカーは目に負担をかけるため、体にもあまりいいものではない。そんなフリッカーを抑制することで、目の負担から解放される。

 実際に筆者もWindowsマシンでの作業で使ってみたが、とにかく画面が見やすく、色味も正確なので画像の補正などがしやい。一般的なディスプレーだと、グレー表示にしても赤みがかったり青みがかかったりして、正確性に欠けることがあり、やはりこういったデザイナー向けディスプレーのありがたみを実感した。

 最近は、デザイナーでもMacBook Proの性能がアップしているので、十分作業できる域まできている。ただ、作業環境が15インチではさすがに小さい。本製品のような大画面4Kディプレーを活用することで、オフィスでの生産性は確実にアップするだろう。

 さらにPD85Wに対応しているため、USB Type-Cのケーブル1本接続するだけで、映像出力と充電が可能となり、オフィスとモバイルの使い分けもシームレスに行える。また、筆者が使っていてホットキーパックの存在が一番ありがたかったかもしれない。ゲーム機と接続していて、入力切替を行うケースが多く、手元で操作できるのは非常に便利だ。

 正確な色調に加え、使い勝手のよさは、さまざまな業界のデザイナーを満足させること間違いない。「PD3220U」の実売価格は15万円前後。働き方改革で生産性をアップさせるためにも、本製品のような良質のディスプレーを選びたい。

(提供:ベンキュージャパン)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン