このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析第58回

「iPhone 9」と名乗らせても違和感がない:

アップルiPhone SE2の噂に期待する理由

2019年10月11日 09時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhone 11が発売されてまだ1ヵ月も経っていない10月初旬に、TF Securitiesの著名アナリストであるMing-Chi Kuo氏のレポートから興味深い予測が発見されました。それは2020年第1四半期に、iPhone SEの後継機種を発表する計画が指摘されたことでした。

 日本でも非常に人気の高かったiPhone SEは、2016年に登場した製品で、とても簡単に言えば、

・ その時点で最新機種だったiPhone 6sの性能を、
・ 2年前のiPhone 5sのボディに詰め込んだ
・ 400ドル以下のスマートフォン

 というプロフィールの製品でした。

 2018年9月にラインアップから姿を消しましたが、米国で2019年1月に突如在庫分を販売したところ、すぐに完売。日本のみならず、人気の高さがうかがえます。そんなiPhone SEの再来のニュースは、世界中のパワフルで小さくて安いiPhoneを求める人々に大きな期待を持たせてくれるものになるはずです。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン