このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析第57回

3万円台だがコンピュータとして使える:

アップル第7世代iPadの破壊力が大きい

2019年10月08日 09時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●破壊的なのは価格

 確かにiPadOSはこれまでのiPadでできることを更に拡張してくれるパワフルさを、iPadにもたらしてくれます。その破壊力は、個人的には非常に大きく、アップルが言うほとんどの場面で取り出すコンピュータをiPadに転換できるという論には納得できます。

 しかしそのiPadが10万円ではなく、日本でも税抜き3万4800円で実現した点が、最も大きなインパクトになるのではないでしょうか。3万円台のノートパソコンでPhotoshopを動かしたり、4Kビデオ編集をしようとは思わないかもしれません。しかしiPadではかなり快適なレベルで実現できます。

 カジュアルな利用の中では最も負荷のかかりそうな仕事をこなせるコンピュータの価格をぐっと引き下げることに成功したiPadは、そろそろタブレットとしてではなく、コンピュータとしての評価をするべきタイミングにさしかかってきているのではないでしょうか。


筆者紹介――松村太郎

  1980年生まれ。ジャーナリスト・著者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。またビジネス・ブレークスルー大学で教鞭を執る。モバイル・ソーシャルのテクノロジーとライフスタイルについて取材活動をする傍ら、キャスタリア株式会社で、「ソーシャルラーニング」のプラットフォーム開発を行なっている。

公式ブログ TAROSITE.NET
Twitterアカウント @taromatsumura

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン