このページの本文へ

窓口一元化や新技術追従、OSS利用強化などのニーズに対応、サイオステクノロジーと協業で対応OSSも拡充

日本IBM、ハイブリッド/マルチクラウドの技術サポートサービス

2019年09月30日 16時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本IBMは2019年9月30日、マルチベンダー製品への対応やオープンソースソフトウェア(OSS)の技術支援などを含む、ハイブリッド/マルチクラウド環境向け技術支援サービス「Multivendor Premium Software Care」を発表した。複数クラウド環境のサポートを24時間365日受付可能な一元窓口で行う。またOSSに関してはサイオステクノロジーとの協業を開始し、サポート対応OSSを拡充している。

 Multivendor Premium Software Careは、ハイブリッド/マルチクラウド環境における複数クラウド環境窓口の効率化、進化の速いクラウド関連技術に対する技術支援、OSS活用の推進などの顧客企業ニーズに応えるサポートサービス。支援を通じてIT担当者の運用負荷軽減や業務効率化を実現する。

 また、顧客企業がOSSを活用する際の技術支援、保守、運用を行うサポートサービスの拡充を目的として、サイオステクノロジーとの協業を開始している。これにより、日本IBMがサポートするOSSの種類をこれまでの約130種類から約200種類に拡大し、OS、データベース、コミュニケーション、自動化、開発支援など幅広いOSSに対応可能となった。

 サイオステクノロジー代表取締役社長の喜多伸夫氏は、弊社が長年にわたって提供してきた企業向けオープンソースサポートサービスを高くご評価いただいたことを感謝するとともに、今後も日本IBM様との協業範囲拡大に努め、より自由で革新的なオープンソースソフトウェアソリューションをお客様に提供してまいります」とコメントしている。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ