このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ロジクール「MXシリーズ」から 電磁石ホイール採用のMX MASTER 3登場

2019年09月18日 23時00分更新

文● 高橋佑司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジクールは9月18日、「MXシリーズ」から、「MX MASTER 3 アドバンスド ワイヤレス マウス」と「MX KEYS アドバンスド ワイヤレス イルミネイテッド キーボード」を発売すると発表。9月27日より販売開始する。

 価格はオープンで、参考価格はMX MASTER 3が税抜1万3500円。カラーバリエーションは3色で、グラファイト、ミッドグレイ、ブラックの3色。MX KEYSは税抜1万4500円。MX KEYS用の「ロジクール MX パームレスト」も同日発売予定で、こちらは税抜2000円。

上からMX KEYS、パームレスト、MX MASTER 3。MX MASTER 3は左からグラファイト、ミッドグレイ、ブラック

 MXシリーズは、2017年に発売した「MX MASTER 2S」「MX ANYWHERE 2S」以来、2年ぶりの新製品。MX MASTER 3はMX MASTER 2Sの直接的な後継機にあたる。18日に実施された製品説明会では、ロジクールの室井祟裕氏、Logitech Internationalのジョン・クリストフ・エメス氏が登壇し、新製品を紹介した。

ロジクール クラスターカテゴリーマネージャー 室井祟裕氏

 最初に室井氏が登壇し、MXシリーズ新製品のコンセプトを発表。英語では「Think it.Master it.」、日本語では「その指の先、創造が想像を刺激する」というコンセプトで、イメージしたことを直感的に、ダイレクトに操作に反映できるデバイスを目指した製品となっている。

 その後、エメス氏が登壇し、具体的な製品のポイントを紹介した。MXシリーズのユーザー層は、ソフト開発者やクリエイター、アナリストなど、高度なコンピュータースキル、専門的なアプリの知識を持ったエキスパートに当たる人々であるいい、今回の新製品では、そうした人々のニーズに応える製品を目指したという。

 具体的には、「長時間快適に作業を行える」「ワークフローをシンプルに、効率的に行える」「スピーディーかつ正確にスクロールする」といったニーズを意識しているとのこと。

Logitech International シニアプロダクトマネージャー ジョン・クリストフ・エメス氏

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン