このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第548回

現地SIM不要、世界130ヵ国超で入国後即使えるWi-Fiルーター「Solis X」を衝動買い

2019年09月19日 12時00分更新

文● T教授、撮影●T教授、編集●南田/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
あらかじめ現地SIMを買わなくても、世界中の130ヵ国以上の国で空港に到着した瞬間にパワーオンして即使えるグローバルWi-Fiルーター「Skyroam Solis」。その後継機種である「Skyroam Solis X」(スカイローム・ソリス・エックス)を海外で衝動買いしてしまった

現地SIM不要、世界130ヵ国超で入国後即使える
Wi-Fiルーター「Solis X」を衝動買い

 頻繁に海外渡航し、グローバルスマホや海外のSIMを常時持ってDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)しているビジネスピープルも増加している。たまに海外旅行や出張に行く人でも、SIMフリースマホを国内で調達して、渡航先の現地でSIMを買って利用することも珍しくない昨今だ。

 個人旅行や単身出張の場合なら、ある程度空港での時間も自由になるので、到着後に空港などでもSIMの入手は簡単だろうが、団体旅行などでは空港での自由度や時間に制限のあることも多い。そんな時には、国内のネット通販でも海外SIMを販売しているので、事前購入して到着前の機内でSIMを交換しておくのも良いだろう。

 単身ではなく家族やグループでの海外旅行なら、海外でも複数人数で共有して使えるWi-Fiルーターが今も人気だ。しかし、モバイルルーターそのものは安価だが、スマホと同様、やはり渡航先に応じた現地のSIMカードの手配は必須でめんどうだ。そのため、海外で使えて空港で貸出・返却のできる“海外Wi-Fiレンタルルーター”が相変わらず人気のようだ。

 今回は、現地SIM搭載のSIMフリースマホとレンタルWi-Fiに押され気味ではあるが、世界中の130ヵ国以上、どこに行っても到着後即通信環境だけは絶対に確保できる安心のグローバルWi-Fiルーター衝動買いの顛末記だ。

 実は今回の衝動買いに先立ち、昨年夏、世界中130ヵ国以上で入国後即使用できる「Skyroam Solis」と呼ばれるVirtual SIM搭載のグローバルWi-Fiモバイルルーターを衝動買いした。

 先月末にまたしても西海岸で衝動買いしてしまった製品は、この後継機種である「Skyroam Solis X」と呼ばれる、よりコンパクトで機能拡張したグローバルWi-Fiルーターだ。

先代同様、オレンジカラーが特徴の洗練されたパッケージだ。ニックネームは“Wi-Fi Smartspot” 先代同様、オレンジカラーが特徴の洗練されたパッケージだ。ニックネームは“Wi-Fi Smartspot”
単なる円筒形だった先代に比較して、小さくスマートになった2代目「Solis X」 単なる円筒形だった先代に比較して、小さくスマートになった2代目「Solis X」

 以前のSolisは“Virtual SIM”と呼ばれるeSIMを搭載したWi-Fiルーター+モバイルバッテリーだった。今回のSolis Xは、上面の直径が88mm、高さ23mmの薄型で底側の小さなアイスクリームカップ型だ。そして実測重量158グラムと極めてコンパクトな外観に生まれ変わった製品だ。

先代の上に新しいSolis Xを乗せてみた。確実に小さく持ちやすくなった 先代の上に新しいSolis Xを乗せてみた。確実に小さく持ちやすくなった

 初代モデルのSolisは裏蓋を開けてセル型のバッテリーを絶縁しているテープを引き抜くことがユーザーの最初の作業だったが、今回のSolis Xからはユーザーはバッテリーにアクセスはできない。またSolis Xそのものも分解して中身を覗いたりできない構造となっている。

先代モデルは、開梱してまずSolisの裏ブタを開いて、セル型バッテリーを絶縁しているテープを引き抜くことがユーザーの最初の仕事だった。手前は開けることもできなくなったSolis X 先代モデルは、開梱してまずSolisの裏ブタを開いて、セル型バッテリーを絶縁しているテープを引き抜くことがユーザーの最初の仕事だった。手前は開けることもできなくなったSolis X

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン