このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第349回

ミンチー・クオ氏の予測:

iPhone 11、予想を上回る需要か

2019年09月18日 10時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが予約を開始したiPhone 11とiPhone 11 Proの需要は、予想を上回る数になるかもしれない。アップル関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏がその予測を9月15日に発表した。

 同氏によると、アップルストアの出荷予定日を分析したところかなり好調なことがわかったという。これを受けてクオ氏が所属するTFセキュリティーズは、新型iPhoneの初期出荷数を推定6500万~7000万から、7000万~7500万台に引き上げている。

 また、分析では人気のカラーはiPhone 11はグリーンとパープル、iPhone 11 Proはミッドナイトグリーンだという。ただしミッドナイトグリーンは生産上の問題を抱えており、出荷台数が制限されているそうだ。

 早めにミッドナイトグリーンをゲットできた人は幸運かもしれない。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中