このページの本文へ

鴻海・郭台銘氏、台湾総統選にやっぱり出る?国民党との「別れの理由」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
国民党からの離党を表明した鴻海前会長・郭台銘氏の意図は?
国民党からの離党を表明した鴻海前会長・郭台銘氏の意図は? Photo:JIJI

成功した実業家が政界に転じ世界の台風の目となった例といえば、もちろん米トランプ大統領だ。同じ展開が、アジアでも起こる可能性がまたぞろ高まってきた。台湾・鴻海精密工業の創業者、郭台銘(テリー・ゴウ)氏が12日、台湾国民党からの離党を表明。一度は断念とみられた2020年1月の台湾総統選に、無所属候補として出馬する見通しだ。(ダイヤモンド編集部 杉本りうこ)

現職・蔡英文に追い風の中
なぜ党への支持を割る行動に?

 今回の台湾総統選では、与党の民進党が現職の蔡英文氏を、野党の国民党が韓国瑜・高雄市長を公認候補としてすでに擁立している。郭氏は国民党に求められる形で7月の党予備選に出たが、韓氏に大敗を喫した。郭氏が実際に出馬した場合、蔡・韓両氏との3つどもえの選挙となる。

 台湾の政治において中国本土との関係は常に最大の課題だが、今回の選挙では過去にもまして、対中姿勢が争点となっている。米中対立のはざまで、親米か親中か旗幟鮮明にする必要があるのはもちろんのこと。さらに香港での市民デモも、台湾の世論に大きく影響している。台湾の有権者は香港の境遇に自国を重ね合わせ、中国への不安感をこれまで以上に募らせている。

 この流れの中、世論は台湾独立派である民進党・蔡氏に有利な風向き。直近の複数の世論調査ではいずれも、蔡氏が親中派の韓氏に対して大きな差をつけて国民の支持を集めている。

 郭氏は鴻海のビジネスの中で中国を重要拠点として活用し、現地の政治家や高官らとも昵懇にしてきた。台湾の有権者はみな、郭氏をかなりの親中派と認識している。世論が台湾独立派に有利に流れ、ただでさえ国民党が劣勢な中、郭氏はなぜことさら国民党への支持を割るような行動を取るのか。

 郭氏は12日に公開した手書きの公開書面の中で、総統選出馬の意思は明言しなかったものの、離党の理由を赤裸々につづっている。以下に要旨を紹介する。

「腐った国民党を
変えようがない」

<今このときをもって、国民党からの離党を宣言する。心情的には、国民党とともに戦えないことを悲しく思う。だが理性としては、自分が中華民国(台湾)の運命に関わる正しいことをしていると知っている。

 私は子どもの頃から国民党に忠実で、愛国的な警察官の家庭で育った。台湾が人々を感嘆させる経済成長の奇跡を成し遂げたことは、無私かつ先見の明があるリーダー(蒋経国、蒋介石の長男で元国民党主席・総統)が経済を重視し、戒厳令を解き、両岸(台湾・中国)の平和的交流を進めたからだ。もし彼が、民心から遠くかけ離れた国民党のありさまを知ったら、間違いなく悲しむことだろう。

 国民党の存在意義は、国家を治める理想と目標にこそある。民進党との競争に明け暮れたり、ましてや利権分配のプラットフォームであったりしてはならない。予備選までの数カ月間を通して、私は国民党を改革することがいかに難しいか、また国民党の魂がいかに失われているかを痛感した。私個人がどんなに努力しても、現在の国民党の腐敗した文化を変えようがないと気づいた。

 ことは終わった。別れが来た。私、郭台銘の離党によって、国民党の改革と再生が加速されることを願っている>

 実は現地の世論調査では、郭氏への支持率は、韓氏よりも総じて高い。蔡氏にはまだ及ばないながらも、韓氏よりは現職との差を詰められている。こういった世論の感触を得ている郭氏は、国民による直接投票である総統選では自分は善戦できる、状況次第では当選の目もないわけではない、という自信がある。にもかかわらず、政治的な失言の続く韓氏が依然として党の公認であることに不満を持ち、「民心からかけ離れて利権を分け合い、腐敗しきっている」と激しく反発している。これが離党に至った理由だ。

次の総統は重大な
節目を担う宿命にある

 現在のところ、蔡氏への支持率は上昇傾向にあり、知名度では圧倒的な郭氏とはいえ勝ち目は少ない。そもそも郭氏の政策は「〓経済(〓の文字は手偏に并)」(経済政策を一生懸命やる)というあいまいな内容に終始しており、保育費の無償化などの案にも財源の手当てが示されていない。当人が「政治は素人」と認める通りである。

 だが選挙は水物。事前に勝利確実と言われた陣営ほど気が緩む傾向もある。さらに郭氏は、予備選の段階でも資力を尽くして大量の広告を投入し、テレビなどを使ったメディア戦略を大規模に展開している。このまま出馬に踏み切った場合には、「アジアのトランプ」が誕生する可能性はゼロではないのだ。

 そうなった暁には、中国・台湾の関係は従来から大きな転換期を迎えかねない。総統選翌年はちょうど、中国共産党設立(1921年7月)から100年の大きな区切り。この周年に、中国の悲願である両岸統一に向けて何かの試みがあってもおかしくはなく、この年に台湾のリーダーが誰であるのかは極めて重要だ。郭氏の離党宣言は、「海の向こうのドタバタ政治劇」と看過してはならない重大局面である。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ