このページの本文へ

iPhone 11、ASCII筆者はこう思った第3回

“Pro”を名乗るならUSB Type-Cを採用してほしかった「iPhone 11 Pro」【ジャイアン鈴木】

2019年09月11日 14時30分更新

文● ジャイアン鈴木 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルの発表会を見たライターの方々に新型iPhoneをどう感じたか、率直な意見を聞きました。アップル好きな方から普段はアップルに興味がない方まで、多種多様な感想が集結! 今回は初代からiPhoneを使い続ける、物欲系ガジェットITライターのジャイアン鈴木氏に感想を聞きました。

“Pro”を名乗るならiPad Proと同様に
USB Type-Cを採用してほしかった「iPhone 11 Pro」

 ワタシは現在「iPhone XS Max」を使っています。そのユーザー視点から「iPhone 11 Pro」に対する感想をお伝えしたいと思います。

 一番の不満点は、Lightning端子を引き続き採用していること。“Pro”を名乗るなら、「iPad Pro」同様にUSB Type-C端子を搭載してほしかったですね。iPhoneのためだけにケーブルを別途用意するのは、ホントにストレスです。

 一方、最大の魅力はやはりカメラ。超広角カメラが追加されトリプルカメラ構成になった点は大歓迎。集合写真を撮る際、イベントでステージ全体を撮影する際に、超広角カメラは重宝します。この一点だけでもiPhone 11 Proに買い換える意味があります。

 ただし、望遠カメラには物足りなさを感じています。「HUAWEI P30 Pro」などは、光学5倍の望遠カメラを搭載していますよね。光学5倍の望遠カメラであればデジタルズーム10倍でも一定の解像感が保たれます。遠い被写体には近寄ればいいと割り切れない方は、望遠カメラの倍率に不満を感じることでしょう。

 カメラについてもうひとつ不満を挙げさせてもらうと、機械学習を活用して写真の質感、細部、ノイズを最適化する「Deep Fusion」が今秋にあとから提供される点にはガッカリです。ここ数年「後日提供開始」や「ベータ版」が多すぎませんか? あまり人のことは言えませんが、締切は守りましょう。

 発表会では軽く説明された程度ですが、顔認証「Face ID」が最大30%高速化し、また顔認識可能な距離・角度が従来より広くなっているとのこと。個人的にはこれに超期待。iPhone XS Maxでは机の上に置いたまま顔認証できないんですよね。端末に顔を近づけなくても認証して、通知内容を表示してくれれば、着実に使い勝手が向上します。

 あれこれ細かな不満はありますが、iPhone XS Maxを中古ショップに売却すれば、差額約5万円でiPhone 11 Pro Maxを入手可能。費用対効果を考えると、買い換えない理由はありません。

ジャイアン鈴木氏

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中