このページの本文へ

どこでも何度でも撮影できる証明写真アプリ

2019年09月10日 17時50分更新

文● 和田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 福多デジタルフォトは9月10日、どこでも何度でも証明写真を撮影できるアプリ「Pashatto どこでも証明」をリリースした。iOS向けアプリが先行で利用できる。サービス利用料は税込み400円。

 独自開発のAIを活用した背景処理により、どんな場所でも証明写真BOXやスタジオで撮影したような背景にワンタップで変換できる。

 撮影した写真は、最速翌日にヤマト運輸の「ネコポス」で自宅に配送する。配送料は税込み198円。

 写真スタジオも利用するというネットプリントサービス「vivipri(ビビプリ)」を運営する福多デジタルフォトが、自社ラボでFUJIFILM純正ペーパーを使用してプリントする銀塩写真のため、今までとはまったく別次元の高品質・高画質な証明写真が撮れるとのこと。

 対応サイズはパスポート・マイナンバー(45×35mm)8枚/1シート、履歴書・その他証明(40×30mm)8枚/1シート、運転免許証(30×24mm)15枚/1シート、大判(70×50mm)2枚/1シート。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン