このページの本文へ

8月23日の障害を受けた情報や提言をまとめて公開

サーバーワークスがAWS障害に関するホワイトペーパーを公開

2019年09月10日 15時30分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2019年9月10日、サーバーワークスは8月23日の障害を受け、AWS障害を回避するためのホワイトペーパーを公開した。

 8月23日、AWS東京リージョン(AP-NORTHEAST-1) で発生した障害では、ECサイトやゲームを含む国内多数のサービスにも影響が生じ、クラウド利用に対する不安が広がった。今回公開されたホワイトペーパーは、障害概要と今後ビジネスに影響を及ぼさないための対策をまとめたもの。同社はAWSのプレミアコンサルティングパートナーの視点で障害発生時からホームページ等で障害に対するお知らせや提言を公開してきたが、それらをまとめ対策として解説することで、ユーザーのクラウド環境の最適化に寄与できると考え、レポートの公開に至ったという。

 目次は以下の通り。無償でダウンロードできる。

  • 発生した障害の概要
  • 障害発生時のユーザー側の対応について
  • 今回の障害による影響はMulti-AZ構成で回避できたのか
  • Multi-AZ構成にできないシステムはどうすべきか
  • 可用性向上のためのマルチリージョン運用の必要性
  • サーバーレス構成は障害対策として有効か
  • 障害に対応するために必要な社内体制

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ