このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第291回

そっちのリンゴかーい:

アップル(風味の)新製品コカ・コーラから登場

2019年09月11日 16時30分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
リンゴがある。パーフェクトなバランスで

「コカ・コーラ アップル」
コカ・コーラシステム
9月16日発売
140円(税抜、500mlペットボトル)
https://www.cocacola.co.jp/press-center/news-20190905-14

“アップル”の新製品をゲットしました

 アップルの新製品でもちきりのネット界隈ですが、みなさんはiPhone 11にしますか? それともiPhone 11 Pro? iPhone 11 Pro Maxもいいかもしれませんね。さて、編集部ではいち早く、新しい“アップル”をゲットしました! アップルはアップルでも「コカ・コーラ アップル」です、ヒューッ! スマートフォンですらありません!

 コカ・コーラシステムは、秋の味覚の象徴、リンゴのフレーバーを楽しめる「コカ・コーラ アップル」を9月16日から期間限定で発売します。価格は140円(税抜、500mlペットボトル)。

すべて今年の新作です

 背面にカメラを配置した正方形のモジュールはありませんが、正面に堂々たるリンゴマークがあります。リンゴマークというのか、まあ、リンゴのイラストですよね。みなさんご存知のコカ・コーラのロゴの下に「APPLE」とあります。誰がなんと言おうとアップルです。葉っぱの色もミッドナイトグリーンに見えてきませんか? そろそろしつこいですか?

ほかとの違いが明らかに際立つ

 ただ、中には「iPhoneとは関係ないのか、アップルの新作つながりで紛らわしいなあ」と思っている人もいるかもしれません。なので、iPhone 11とコカ・コーラアップルの比較表も一応用意しました。これを見れば違いは一目瞭然です。見なくても一目瞭然という気もしますが。

  iPhone 11 コカ・コーラ アップル
メーカー アップル コカ・コーラ
サイズ 約75.7×150.9×8.3mm 約65×215×65mm
重量 約194g 約548g
ストレージ 64GB/128GB/256GB 500ml(PET)
カメラ画素数 リア:12メガ(広角、F1.8)+12メガ(超広角、F2.4)
/イン:12メガ(F2.2)
なし
無線LAN IEEE802.11ax ×
Bluetooth 5.0 ×
NFC/FeliCa ○/○ ×
ワイヤレス充電 ×
生体認証 ○(Face ID) ×
防水・防塵 IP68 たぶん防水
炭酸 ×
カロリー 不明 230kcal
炭水化物 不明 57g
カラバリ ブラック、グリーン、イエロー、
パープル、(PRODUCT)RED、ホワイト
なし
価格(税抜) 7万4800円(64GB)、
7万9800円(128GB)、
9万800円(256GB)
140円(500ml)

 さて、コカ・コーラ アップルは、意外にも世界初のフレーバーなんだそう。コカ・コーラならではのおいしさに、リンゴのフレーバーを合わせたことで、秋にぴったりのぜいたくな味わいが楽しめるとしています。

果汁が足りない? 問題ない

 「コカ・コーラ レモン」「コカ・コーラ オレンジ」などもあったわけですし、果実フレーバーはそれほどめずらしい路線ではありません。あくまで“リンゴのフレーバー”とうたっているように、無果汁です。果汁をまったく入れずにリンゴ味にする潔さ。無果汁でどこまで果実のテイストを再現できるかは気になりますね。

大きく、細かく、あなたのコーラをレベルアップ

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧