このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

IFA 2019レポート第5回

ソニーの「Xperia 5」を実機チェック! コンパクトハイエンドとして国内発売に期待大

2019年09月06日 09時00分更新

文● 中山智 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ソニーのプレスカンファレンスで発表された新型スマートフォン「Xperia 5」

 ソニーは9月5日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて翌日から開催されるIFA 2019の同社ブースにて、ソニーモバイルの最新スマートフォン「Xperia 5」を発表、ハンズオンコーナーでXperia 5の実機を展示し、プレス向けに公開した。

Xperiaユーザー待望のコンパクトハイエンドに仕上がっている

Xperia 1の性能をほぼそのまま
少しだけ小さくなった

 「Xperia 5」がプロセッサーにSnapdragon 855を搭載し、メモリーは6GB、内蔵ストレージは64GBと128GBのふたつをラインアップしており、基本スペックは今年発売されたXperia 1と同等。大きな違いはディスプレーサイズで、Xperia 1が6.5型に対して、Xperia 5は6.1型で解像度も4Kではなく、2520×1080ドットとなっている。ただしパネルは有機ELを採用し、アスペクト比も21:9の縦長という点では同じ。

片手でしっかりとホールドできるサイズ感
背面はガラス素材を採用
ノッチなしでコンテンツをフル表示できる
ディスプレー下部にも物理ボタンはなし
本体下部には充電などに使用するUSBはType-C

 本体サイズとしては、約68×158×8.2mmで、XperiaシリーズとしてはXperia XZ2 Compact以来のハイエンドコンパクト。実際片手で持ってみると、親指の届く範囲が広く、快適な操作性。コンパクトでパワフルなスマートフォンが欲しいユーザーにはぴったりだ。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン