このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

個人向けにも売ってほしい!

液晶の裏にすっぽり!超小型デスクトップPC「Veriton VN4660G」がちょうど良すぎる

2019年09月06日 11時00分更新

文● 宮崎真一 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
日本エイサーの法人向け小型スリムデスクトップPC「Veriton VN4660G」シリーズ。

 現在、さまざまなメーカーがビジネス用途に特化した法人向けモデルを展開しているが、その中にはかなりユニークな製品も存在する。日本エイサーが手掛けるVeriton VN4660Gシリーズは筐体の大きさが1L~3Lと、液晶ディスプレーの背面にすっぽり収まるほどコンパクトで、狭い机でも作業スペースを効率的に運用できる。

1Lサイズのモデル、VN4660G-F58Q1。

ブロック単位でサイズが増加するデザイン

 本稿ではVeriton VN4660Gシリーズで最小サイズの1Lモデルである「VN4660G-F58Q1」を中心に紹介していく。サイズは約35(W)×217(D)×192(H)mmとデスクトップPCとしてはかなり薄型で、ちょっとした辞書のようなサイズ感だ。付属のスタンドを装着しても幅は82mmで高さは199mmと、机上に置いてもほぼ邪魔にならない。デッドスペースを有効活用できるサイズと言ってもいい。

 もちろん、スタンドを装着せずに横置きで本製品を利用することもできるが、PCの上に物を置くと吸気口を塞ぐことになってしまう点には注意が必要だ。だが、本体重量は1.42kgと軽量なため、机上のキャビネットの上に設置して運用するのはアリ。また、本棚に設置するといった使い方もおもしろいかもしれない。

横置き設置用に用意されているゴム足。

 外観はブラックにシルバーのラインがアクセントで入るといった、ビジネスモデルだけあって、かなり落ち着いたデザインだ。ユニークなのは2Lモデルの「VN4660G-N58D2」、3Lモデルの「VN4660G-F58U3」とサイズが大きくなるにつれて、VN4660G-F58Q1を基礎にブロック単位で増設されたような形状を採用している点だ。

 VN4660G-N58D2はVN4660G-F58Q1に光学ドライブを内蔵し、薄型のユニットを増設したような形状で、VN4660G-F58U3ではさらにそこから上側にユニットが付属したようなデザインとなっている。それぞれのモデルの違いについては下記の表にまとめたので参照してほしいが、簡単にまとめると光学ドライブの有無やストレージ構成の差異、電源アダプター容量の違いということになる。

写真は左から順に1LサイズのVN4660G-F58Q1、2LサイズのVN4660G-N58D2、3LサイズのVN4660G-F58U3。ブロック単位で増設されて、サイズが大きくなっている。
主なスペックの違い。

 CPUは全モデルとも第8世代Coreプロセッサー(開発コードネーム:Coffee Lake-S)で6コア/6スレッド駆動の「Core i5-8400T」を採用。TDPを35Wに抑えた俗に言う“T付きモデル”で、高い性能はそのままに消費電力の低減が期待できる。なお、システムメモリーは全モデル、DDR4-2666を8GB(4GB×2)搭載。ビジネス用途で困ることはまずないはすだ。

CPU-Z(Version 1.90)の実行結果。CPUは6コア/6スレッド駆動でもTDP35Wと省電力なCore i5-8400Tを採用している。

前へ 1 2 3 次へ

ノートパソコン
デスクトップ
モニター

intel

詳しくはレビューをチェック