このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

第3世代Ryzen+RX 5700などの最新AMD環境でVIVE Proがどれだけ快適か徹底検証!

2019年10月07日 11時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最新AMDプラットフォームで「VIVE Pro」はどの程度快適に楽しめるか?

 7月にAMDが「第3世代Ryzen」やRDNAアーキテクチャーを採用した「Radeon RX 5700シリーズ」を投入した。どちらも良好なコストパフォーマンスを発揮しているということで、すでにAMDの最新プラットフォームに乗り換えた、あるいは乗り換えを検討している人も多いだろう。

 基本的なパフォーマンスについてはCPU編GPU編で解説済みだが、VRについてはあまり検証されていない。

 AMDの最新プラットフォームであれば、VIVEやVIVE ProのようなPC向けVRシステムの動作要件を満たすのは非常に楽そうだが、実際に動くかどうか検証してみる必要がある。

 筆者は以前にも「VIVE Pro発売直後のレビュー」や、「GeForce RTX 20シリーズ登場後の再検証」などで、VIVE Proと(当時の)最新プラットフォームでのパフォーマンスについて検証した。

 今回はそれと同じ検証を“最新AMDプラットフォーム”、すなわち第3世代RyzenとX570マザー、さらにRadeon RX 5700シリーズの3つを組み合わせたPCで検証している。VIVE Proと最新AMDプラットフォームPCの両方に興味がある方は、ぜひ参考にしていただきたい。

ルームスケール対応VRシステムの代表格HTC「VIVE Pro」。視線追跡対応の「VIVE Pro Eye」では検証できなかったのが残念だ

検証環境は?

 まず今回の検証環境を解説しよう。CPUは第3世代Ryzenの中でも、8コア16スレッドの「Ryzen 7 3800X」を選択。もっとコア数の多いモデルもあるが、CPU占有率的に物理8コアもあれば十分と判断した。

 ビデオカードは「Radeon RX 5700 XT」「Radeon RX 5700」のリファレンスカードを準備。コンピュート用途からゲーミング向けに大きく路線変更したRDNAアーキテクチャーなので、VR環境でのパフォーマンスも期待できる。

 比較用としてVega 56のリファレンスカードと安価に出回っているRX 590搭載カード、さらにGeForce RTX 2080も準備した。RTX 2080は前回の検証(https://ascii.jp/elem/000/001/786/1786593/)でも使っているので、インテル製とAMD製プラットフォームの違いを見るのにも使えるだろう。ちなみにVega 64は性能的にRX 5700に近いので除外している。

 RX 5700 XTとRyzen 7 3800XはどちらもPCI-Express Gen4にも対応しているので、マザーも最新のX570チップセット搭載マザーを準備した。VRを含めゲーム用途ではPCI-Express Gen3までの性能があれば十分であるため、旧世代のX470マザーでも十分性能は出せるが、X570のUSBポートはUSB 3.1 Gen2(10Gbps)が主力となり、Gen1(5Gbps)は排除されている。

 VIVE ProのコントロールボックスはUSB3.0(=USB 3.1 Gen1)なので性能が上がるメリットはないが、VIVE Trackerのドングルを複数ぶら下げることを考えると帯域の広いUSBポートが豊富にあるX570の方がVR環境向き……と言えなくもない。

 ドライバーは検証時点での最新版、すなわちRadeonはAdrenaline 19.8.1、GeForceは431.68となる。

検証時点では独自設計のカードが流通していなかったため、RX 5700(左)とRX 5700 XT(右)はリファレンスカードで検証した
Polaris世代のRX 590は安いものなら2万円台前半で流通している。VR環境で使った場合のパフォーマンスをチェックしてみたい。今回はASRock製「Phantom Gaming X Radeon RX 590 8G OC」を準備した
検証環境
CPU AMD「Ryzen 7 3800X」(8コア/16スレッド、3.9~4.5GHz)
マザーボード GIGABYTE「X570 AORUS MASTER」(AMD X570)
メモリー G.Skill「F4-3200C16D-16GTZRX」(CPU定格で運用、8GB×2)
ビデオカード AMD「Radeon VIIリファレンスカード」、AMD「Radeon RX 5700 XTリファレンスカード」、AMD「Radeon RX 5700リファレンスカード」、AMD「Radeon RX Vega56リファレンスカード」、ASRock「Phantom Gaming X Radeon RX590 8G OC」(Radeon RX 590)、NVIDIA「GeForce RTX 2080 Founders Edition」
ストレージ GIGABYTE「GP-ASM2NE6200TTTD」(NVMe M.2、2TB SSD)
電源ユニット Silverstone「ST85F-PT」(850W、80Plus Platinum)
CPUクーラー Corsair「H110i」
OS Microsoft「Windows10 Pro 64bit版」(May 2019 Update)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

HTC VIVE Facebookページ