このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Ryzen 7 3700Xは1万4000円安価ながらi9-9900Kとほぼ互角!?8コア/16スレッドCPUガチンコ勝負

2019年09月22日 11時00分更新

文● 石川ひさよし 編集● ジサトラハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 第3世代Ryzenには12コア24スレッドモデルもあるが、伝統的なAMD CPUの魅力は「コスパ」だったはず。今Intelのメインストリーム向けCPUは8コア16スレッドのCore i9-9900Kが最上位。8コア16スレッド同士コスパでガチンコ比較をしてみたらどのような結果になるのだろうか。

 第3世代Ryzenで8コア16スレッドモデルはRyzen 7 3800XとRyzen 7 3700Xがある。IntelはCore i9だから9と7という違いはあるが、先のとおり現時点でAMDはRyzen 9があるように、コア数戦争でリードしているため、ナンバリングに違いが生じている。

Ryzen 7 3800XとRyzen 7 3700XのBOX

 Ryzen 7 3800XとRyzen 7 3700Xの違いは動作クロックと消費電力。上位のRyzen 7 3800Xのほうが動作クロックは若干高い。具体的には最大ブーストが4.5GHz、ベースが3.9GHzといった具合だ。消費電力に関しては、その参考となるTDPが公開されており、105Wといった値。105Wは現在のRyzenにおける3つのTDPゾーン、105~95W、65W、45~35Wでもっとも高い。

Ryzen 7 3800X
Ryzen 7 3800Xのスペック

 Ryzen 7 3700Xの動作クロックは、最大ブーストが4.4GHz、ベースが3.6GHz。最大側は100MHz違いで大きな差ではなく、ベース側が300MHz抑えられている。ここがTDPに関係し、65Wという一つ低いゾーンに収まっている。

Ryzen 7 3700X
Ryzen 7 3700Xのスペック

 消費電力よりも性能というならばRyzen 7 3800Xの方が有利だが、冷却時の静音性のように全体のバランス、そしてもちろん価格の面で下位のRyzen 7 3700Xにも魅力がある。

 まずここでCPU単体の価格を比べてみよう。

価格比較表 ※2019年8月21日秋葉原ショップ調べ
CPU Ryzen 7 3800X Ryzen 7 3700X Core i9-9900K
コア/スレッド 8/16 8/16 8/16
ベース周波数 3.9GHz 3.6GHz 3.6GHz
ターボ周波数 4.5GHz 4.4GHz 5GHz
L3キャッシュ 32MB 32MB 16MB
実売価格 5万1000円前後 4万3000円前後 5万7000円前後

 上の表は同じ8コア16スレッドCPU(OC可能な製品という条件)でまとめた価格だ。Core i9-9900Kを基準とすれば、Ryzen 7 3800Xは6000円ほど安く、Ryzen 7 3700Xはなんと1万4000円も安い。CPU性能を求める人とは少し異なるかもしれないが、例えばゲームのようにCPUだけでなくGPUにも投資が必要なニーズなら、この差額を必要なパーツに振り分けられることは大きなメリットだろう。

Core i9-9900K

前へ 1 2 3 次へ