このページの本文へ

履正社の甲子園優勝が象徴する「監督に絶対服従」野球の終焉

2019年08月28日 06時00分更新

文● 小林信也(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
履正社・岡田監督
甲子園で優勝し、胴上げされる履正社・岡田監督 Photo:JIJI

 101回目の「夏の甲子園」は、大阪代表・履正社の優勝で幕を閉じた。

 開幕前から改革論議が活発に起こり、かつてないほど「高校野球のあり方」に関心が寄せられる中での大会となった。

 投手の肩や肘をどうしたら守れるか? 暑さ対策は万全か? 大会日程は現状のままでよいのか? テレビをはじめ各メディアで大きく取り上げられ、さまざまな意見が交わされた。

「1人のエースが投げ抜く」時代から
投手陣の総合力で勝ち上がる時代に

 試合の間隔が狭くなってくる準決勝に勝ち上がったのは、優勝した履正社、準優勝の星稜(石川)、そして明石商(兵庫)、中京学院大中京(岐阜)のだった。
 
 明石商は準々決勝でエース中森を先発させなかった。

 星稜も、絶対的なエース奥川を登板させず、他の2投手で強豪・仙台育英を退けた。

 中京学院大中京は、2回戦は3人、3回戦は4人の継投で勝ちあがった。準々決勝ではエース不後を先発させたが、初回に3点を失ったこともあり、4回まででマウンドを降り、終盤逆転に成功する。

 履正社は、エース清水を軸にしながら、2年生の岩崎が控え、準決勝は岩崎が完投して清水に休養を与えた。

 いずれのチームも、「1人のエースが投げ抜く」のでなく、複数の投手がマウンドに上がり、投手陣の総合力で戦う姿勢を基本にしていた。連投や極端な投げすぎを避ける投手起用が当然のように展開されたのは、ここ数年の潮流でもあり、大会前からの議論の高まりの影響があったかもしれない。

 こうした意識が高まれば、「球数制限」という強制的な制約がなくても、投手の安全や将来は保障されるのではないか。本来は、できるだけ選手やチームに選択の自由が与えられるべきだと思うから、野球の面白さや可能性を高め、確保する上で歓迎すべき傾向だと感じる。

 履正社の優勝も、「高校野球の新しい潮流」を象徴する、1つの結果だったように感じられる。「球数制限」「勝利至上主義の是非」などの議論は、見方を変えて大きな視点に立てば、「やらされる高校野球」から「選手の主体性を大切にする高校野球」への転換、さらには「高校野球が頂点」ではなく「高校野球は成長の一過程」とするあり方への移行を前提にしている。この意識と新たな方向性を明確に認識する大会になったともいえるだろう。

「やらされる野球」から
「自分で判断する野球」へ

「丸刈りから長髪へ」への移行も春先から話題となった。「丸刈り」に世間が違和感を覚えるのは、「監督への絶対服従」もしくは漠然とでも「チームの方針を優先し、個人の感性や自由を捨てる意志の表明」のような空気を感じるからだろう。

 実際、長髪を採用したチームの選手が帽子を取って監督と対話している写真を見ると、人生の先輩である監督と若いながらも意志を持つ高校生が真剣に対話している雰囲気が感じられる。

 一方、丸刈りの選手と監督の写真を見ると、先入観もあるだろうが、どうしても上意下達、監督の指示を受け容れる選手という図式が拭えない。はるか45年前になるが、私自身、高校野球への挑戦を決意し、丸刈りにしたときの気分はそうだった。それに加えて私の場合は、大学医学部進学を期待する母親への中学生なりの「最後通告」の意味も含んでいた。「医者にはならない、それよりもまず高校野球に青春をぶつけたい」。

 やはり、伸ばしていた髪を短くすることには、それなりの意味が含まれる。

 髪形に象徴されるとおり、これまでの高校野球は「従う力を身につける場所」の意味合いが強かった。監督の指示やサインに従い、忠実に役割を果たす選手が評価される。瞬時の判断でサインに背き、自己の感性に従って打つなどの選択は、よほどレベルの高いチームや選手を除いて、高校野球では主流ではなった。

 だが、本来は、レベルの高低にかかわらず、打席や塁上、あるいはマウンドやそれぞれのポジションで感覚を研ぎ澄ませ、感知し、判断し、自らプレーするところに野球の醍醐味がある。監督が随所に介在するのは本来の野球の面白さを制約するし、つまらない。私自身、現役時代、それが一番もどかしかった。

 マウンドから打者の雰囲気を察して投げる。間違って打たれる場合もある。打たれたのは自分の感性の不足、もしくは思ったとおりに投げられなかった力量の不足だ。ところが、そんな自己との対話を踏みにじるように、ただ打たれた結果を監督が怒鳴る。私の好きな野球が、自分の選んだ高校では許されなかった、そんな苦い思いがいまも残っている。

 私も出演したフジテレビ『直撃ライブ!グッディ』に、選手と一緒に生出演してくれた履正社・岡田龍生監督は、打撃練習の合間など、あえて選手をずっと監視せず、彼らが自由に気を抜ける余裕を与える方針だというのは本当か? との質問にこんな風に答えた。

「私も高校時代、やらされる練習でした。ところが、大学、社会人では、監督の指示どおりしかできない選手は通用しない。それでずいぶん苦労しました。だから、自分で判断できる選手を高校時代から育てたいと思っています」

体罰謹慎の経験がある岡田監督が
「王道の野球」に辿り着くまで

 岡田監督は、東洋大姫路で活躍した後、日体大に進学。1年生からベンチ入りして大学野球でも活躍した。4年生になるときには、上級生からの推薦で主将に選ばれた。このとき、副主将になった同期の平岩了・東京都立豊多摩高校監督が教えてくれた。

「高校の主将のイメージとはずいぶん違いました。龍生は『オレについて来い』というより、選手ひとりひとりのやる気を大事にしていた。そんな印象があります」

 そして、印象に残っている大学時代の逸話を教えてくれた。

「ある紅白戦で、私は捕手のポジションにいました。龍生が打席に入ったとき、私は投手に向かって『思い切って来い!』と叫びました。すると、龍生がスッと後ろに下がったかと思うと、次の瞬間、インコースの速球を軽々とホームランしたのです」

 さすがの強打。ただ感心している平岩さんに試合後、岡田主将が言った。

「オレがなぜホームランを打てたか、わかるか?」

 平岩さんは、そう言われて初めてハッとした。岡田龍生選手は、日頃から平岩捕手の癖を見抜いていた。「思い切って来い」、それは平岩捕手が内角の速球を投げさせるときに思わず投手にかける言葉だった。そういう言葉の1つから相手の心理や行動を読み取り、野球に生かすことが岡田監督は大学時代から得意だった。そして「好き」だったのではないだろうか。

 岡田監督が、体罰で謹慎した経験があるのは、自身の著書にも綴られている。それから、指導法が変わったと。それまでは、実績のほとんどなかった履正社の野球部を強くするので無我夢中だった。しかし、謹慎によって、目が覚めた。選手の気持ちを主体にした野球をやる。監督が勝たせるのではない。

 まだ大阪大会で上位の壁が破れず苦戦していたころ、しばしば練習試合でも戦ったという私立高校の元監督はこんな話をしてくれた。

「以前は、投手を中心とする守りの野球が身上でした。昔は本当に細かい野球でしたよ。どうやって点を取るか。走者1、3塁になったらダブルスチール。ランナーがわざと転ぶくらいの野球もやっていた。でも、ある時期からそういう細かすぎる野球は消えて、王道の野球になってきた。王道を歩み始めて、日本一にたどり着いた感じやね」

 打力で勝った今大会の印象とはずいぶん違う野球を追求した時代も長かった。様々な苦労や経験を越えて、今年の履正社の野球にたどり着いた。

 シーズンオフには、選手全員の父母との面談も大切にしているという。

「グラウンドだけでなく、家庭にもコーチがいてくれたほうがいい」

 岡田監督はそう考えているからだ。

 実は、これも従来の高校野球の傾向とは大きく違う。全国の強豪校の多くは、父母の介在を歓迎しない傾向が強い。しかも寮生活が多いから、家庭とは普段、ほとんど交流しない選手が大半だ。

 それに対し、寮を持たない履正社は違う。一部、下宿生活の選手もいるが、大半は家庭から通学している。家庭と学校とグラウンドを日常生活に持っている高校球児の全国優勝も、意義ある未来への潮流ではないだろうか。

本来の高校野球は選手主体が基本
キャプテンシーこそ受け継ぐべき歴史

 同番組に出演していたジャーナリストの木村太郎さんが、「野球をする子どもが少なくなっている。これに対する対策が本当は必要です」と指摘された。

 まったくそのとおりだと思う。

 社会も変化し、「組織や上司に従う人材」が求められていた時代から、「主体的に判断し、創造力のある人材が求められる」社会へと変わっている。高校野球もこの点で大きな方向転換が重要だ。

 このような感想を述べると、日本高野連の田名部和裕理事が、興味深い歴史を教えてくれた。

「高校野球では監督が直接、審判の判定に疑義を質すことはできません。その理由はキャプテンシーと関係があります。第8回大会までは学校の引率責任者が一人ベンチに入っていました。いわゆる監督がベンチに入るようになったのは第9回大会からです。それまではベンチ脇にOBが来て選手を呼び出し、いちいち指示を与えていたので試合が遅延していました。

 いろいろ議論があって監督をベンチに入れることにしたのですが、その時、監督をベンチに入れたらキャプテンシーがなくなるとの反対意見がありました。そのためベンチには入れるがグラウンドには出られない、必要な時は主将が対応すると決めたのです」

 本来の高校野球(当時は中等学校野球)は、選手主体の試合を基本としていた。キャプテンシーという理念を高校野球が持っていたことも、田名部さんに助言されて初めて学んだ。これこそ受け継ぐべき貴重な歴史だと、心を揺さぶられた。

 昨年の猛暑をきっかけに始まっている改革議論の中で、こうした本来の理念も掘り起こされたら高校野球の進むべき針路がより本質的になるのではないだろうか。

(作家・スポーツライター 小林信也)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ