このページの本文へ

「75歳以上の延命は不要」 波紋呼んだ医療倫理学者が いま語る発言の真意

Stephen S. Hall

2019年08月26日 06時14分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オバマ政権の医療保険制度改革を主導した医師で医療倫理学者のエゼキエル・エマニュエルが5年前に発表したエッセイは、大きな反響を呼んだ。75歳以上の延命処置は拒否すると語るエマニュエル医師は、「高齢の米国人がよぼよぼの状態で長く生き過ぎている」と主張する。62歳になった現在、発言の真意を聞いた。

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ