このページの本文へ

発見!Steamおすすめのゲーム ― 第101回

Conan Exilesで知られるFuncomのストラテジー

Steamおすすめゲーム「Conan Unconquered」戦闘狂に捧げる高難易度タワーディフェンス型RTS

2019年08月23日 18時00分更新

文● rate-dat 編集●ジサトラアキラ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 過去に何度か紹介したジャンルでもあるリアルタイムストラテジーことRTSは日本では未だに浸透しているジャンルとは言い難い。「Age of Empires」を筆頭に、「StarCraft」「Command and Conquer」など名作といわれる作品も数多い。RTSについての詳しい解説は過去にも紹介した「Off world trading company」の文中で大きく設けているためそちらも参照していただきたい。

 第102回目は圧倒的な物量を思考でいなす高難易度のタワーディフェンス型RTS「Conan Unconquered」を紹介する。

 本作品は日本語字幕に対応しており、不自由なくプレイが可能だ。詳しい操作は後述するがマウスとキーボードでの操作がメインとなる。

ゲーム内で読める本作品のコミカライズは英語となっている。DeluxeEdition付属の短編小説も英語のみな点には注意だ。

トゥグラ・コタンの魔の手から要塞を守れ

 本作品は以前紹介した「Conan Exiles」と同じく「英雄コナン」シリーズをテーマとした作品である。邪悪な魔術師であるトゥグラ・コタンが差し向けてくる敵対部族の襲撃からヤスメラの宮殿を守るのが目的となる。上記のシナリオはあるのだが、ゲーム中においては「英雄コナン」シリーズの原作を知らなくても問題は無い。

 だが、ゲームをプレイするに当たっては若干覚えることは多いのだが、一番重要なのは画面中央の要塞が壊されてしまうとゲームオーバーになるというのはゲームを通して一番重要な要素になるだろう。

時間毎の襲撃は序盤こそ単調だが、時間が経つに連れ激化し、終盤近くになると全方面から敵軍がやってくる。

 襲撃に耐えるためには圧倒的な兵力と兵士を生産するための資源が必要になる。堅牢な要塞を作り上げるのが一番簡単な方法である。そのために資源の生産施設や、土地を確保していくのが序盤から中盤に注力することなるだろう。

 資源はそれぞれ回収資源と、定量資源に分かれており、維持費をそこからさっ引いた物が軍備や拡張に使える余剰となる。それぞれの資源の回収ポイントに対応する施設を建造することで収入を増加させることができる。だが資源の中で特殊であり本作特有といえるのが“指揮力”という定量資源である。指揮力は建造可能範囲に直結しており“戦旗”というものを立てることで範囲を広げることが可能だ。この戦旗を立てることで少量ながら得られるのが指揮力である。 

施設を建てると維持費も発生する。何も考えずに拡張や建造を行うと破綻してしまうので注意だ。

 襲撃の合間に探索を行うことで資源の位置を確保したり、一定のポイントに巣くっている野党を掃除することで資源の簒奪も可能だ。資源の獲得のためには土地も拡げることも重要となるため必ず行うべき行動でもある。

 また、防衛の兵士は生産しなくても開幕から必ずヒーローユニットが必ず一体存在している。選択して右クリックを行うことでポイントへの移動や攻撃指示などを出せる。ヒーローは序盤の襲撃であれば一人で返せるほど強力なユニットとなっているが、耐久力(HP)が0になってしまうと一定時間復活しない。

 更に全ユニットには経験値もあり、一定の数値を得ることでレベルが上がる。ヒーローはレベルが上がることで強力な必殺技が使えるようになり、4段階レベルアップが可能だ。普通の生産できる兵士は一段階しかレベルアップしないが、それでも成長すれば目に見えて強力になるのでどしどし戦っていこう。

最大25WAVEを耐えしのげば見事勝利となる。

難易度は高いとはいえ病みつきになるリプレイ性。

 本作品は高難易度であるとはいえ、どのような状況下でもスペースキーを押すだけでポーズができるのでRTS初心者でも安心だ。襲撃時や、建物の建造時にじっくり考えたりすることもできるので有効に活用して欲しい。ポーズが不可能なクロムモードというオプションもあるが、ゲームに慣れたのならそちらにも挑戦してみてもいいだろう。

襲撃時に砂嵐が発生することでミニマップが確認できない状況もWAVEによっては存在する。こういうときこそポーズの出番だ。

 ストーリーモードこそマップは固定だが、通常プレイマップやチャレンジモードの場合はマップはランダムで生成される。常に変わる戦場と防衛方法の思考こそが本作品のリプレイ性を高めており、何度もプレイしたくなる中毒性を生み出している。

 ゲーム性自体は以前紹介した「They Are Billions」に非常に近い。

 だが、決定的に違うのは一体でも通してしまうとゲームオーバーに近いバランスではないという点にある。They Are Billionsではゾンビを通してしまうとほぼゲームオーバーになるようなきっちり防衛しなければならないシビアなバランスであったが、本作品は強力なヒーローユニットと若干ではあるが襲撃に耐えられる建造物を有していることでバランスは保たれている。むしろThey Are Billionsをプレイしたユーザーなら間違いなくハマると思われるマゾさも持っているためギリギリの状況を楽しめる人には確実にオススメできるだろう。

 ――蛮勇を誇るか、制圧されるか。それは等しくプレイヤーの指揮力にかかっている。

「Conan Unconquered」の推奨動作環境は?

 最低動作環境のグラフィックの要件がIntel HD Graphics 620と、CPU内蔵GPUで動く軽さとなっている。最近のノートPCなどの環境でもOSが安定して動く環境であれば問題は無いかと思われるが、 筆者の環境(Xeon E5-2630 v3 @ 2.40GhzとGeForce GTX 1080)でも初回起動時の読み込みは長いと感じるため、SSDにインストールすることを別途推奨したい。

「Conan Unconquered」
●Petroglyph
●3299円(2019年5月30日リリース) ※価格は記事掲載時点のものです
対応OS Windows
ジャンル ストラテジー、RTS、シミュレーション、街づくり

© 2018 Funcom Oslo A/S (“Funcom”). All rights reserved. © 2018 Conan Properties International LLC ("CPI"). CONAN, CONAN THE BARBARIAN, HYBORIA, and/or ROBERT E. HOWARD and related logos, characters, names, and distinctive likenesses thereof are trademarks or registered trademarks of CPI and/or Robert E. Howard LLC. All Rights Reserved. Funcom and Funcom Logo ™ & © Funcom Oslo A/S.

■著者:rate-dat
・Steamのプロフィールページ:Steam コミュニティ :: ratedat
・Twitter:@rate_dat

カテゴリートップへ

この連載の記事

facebook

お便り募集

入門記事まとめ

メンバー紹介

  • カクッチ

    カクッチ

    スプラッター・ホラー系FPSが大好物のドS系ボス。使用PCパーツは当然最上位

  • アキラ

    アキラ

    MOBAやRTSなどeスポーツタイトル好き。ミドルレンジのPCパーツで最適解を探る

  • つばさ

    つばさ

    ゲーム動画担当。CPUの端子を素手で触るという豪快さに一抹の不安が残る自作超初心者

  • イッペイ

    イッペイ

    大紅蓮丸や大風連丸などムチャな自作ならこの人。MMORPGはぼっちでがんばる

  • ハッチ

    ハッチ

    2次元を追求する“VRアダルティスト”。アーケードゲームにも造詣が深い

  • マツノ

    ショータ

    FF14やPSO2を現役でプレイし続けるMMORPG好き。控えめに見せかけて実は辛辣

  • キタムラ

    キタムラ

    日課はアキバのパトロール。自作パーツの掘り出しものを見つけるのが生きがい