このページの本文へ

Xperia 1ロングランレポート第5回

最新モデルのXperia 1をXperia XZ3とベンチマーク比較した

2019年08月22日 10時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーモバイルからの最新モデルということで購入した「Xperia 1(SO-03L)」。前モデルとなる「Xperia XZ3」とはそれくらい違いがあるのか気になるところです。そこで今回は両モデルでベンチマークアプリを走らせ、スコアの差をチェックしてみました。

左が「Xperia 1」で右が「Xperia XZ3」

 まずはスペックのおさらい。Xperia 1はプロセッサーがクアルコムのSnapdragon 855(2.8GHz+1.7GHz、オクタコア)。メモリーは6GBで内蔵ストレージは64GBです。Snapdragon 855はクロックを若干アップさせたSnapdragon 855 Plusもありますが、現時点ではほぼ最高のモデルとなります。

 一方のXperia XZ3はプロセッサーが1世代前のハイエンドモデルSnapdragon 845(2.8GHz+1.8GHz、オクタコア)。メモリーは4GBで内蔵ストレージは64GBとメモリーがXperia 1よりも2GB少ないスペックです。

こちらはXperia 1のスペックXperia XZ3のスペック

 グラフィックなども変わっているので、スコア的にどれくらい変化があるのか気になるところ。ただし、Xperia XZ3のほうは半年以上使用して、ストレージも使い込んでいるしアプリもかなりインストールしています。そのあたりも考慮した数値としてみたほうがいいかもしれません。

 まずはAnTuTu Benchmarkの結果です。Xperia 1は「352621」でXperia XZ3は「229036」とかなりの差があります。CPU、GPU、UX、MEMと4項目それぞれを見ても差があり、特にCPUは倍近くスコアが違います。

Xperia 1でのAnTuTu Benchmarkの結果Xperia XZ3でのAnTuTu Benchmarkの結果

 続いてGeekbench 4でのスコアです。Xperia 1はシングルコアで「3495」、マルチコアで「11020」。Xperia XZ3はシングルコアで「2217」、マルチコアで「5869」とこちらも大差がついています。特にマルチコアのスコアはやはり倍近い差があります。Snapdragon 855とSnapdragon 845ではクロックなど数値的には違いはないのですが、やはり処理性能はアップしているようです。

Xperia 1でのGeekbench 4の結果Xperia XZ3でのAnTuTu Benchmarkの結果

 最後に3DMarkでの結果です。最初の2つのようなダブルスコアほどの差はありませんが、数値的にはXperia 1は「4726」と「3810」で、Xperia XZ3は「2618」と「2923」とXperia 1の圧勝です。

Xperia 1での3DMarkの結果Xperia XZ3での3DMarkの結果

 基本的なスペックだけを見ても、Xperia XZ3よりもかなり強化されていることがわかったXperia 1。これだけでも機種変更したことに満足できそうです!

※Xperia 1(SO-03L)/Android 9で検証しました。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン