このページの本文へ

デュアルタップの「XEBEC(ジーベック)」などに順次導入

傘シェアリング「アイカサ」がマンションへ本格導入

2019年08月19日 17時15分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アイカサは8月19日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」を住居マンションへ本格導入を開始したと発表した。マンションへの本格導入は国内初という。

 デュアルタップと協業し、同社の管理するブランドマンション「XEBEC(ジーベック)」をはじめとする管理物件へのサービス提供を行なう。デュアルタップが管理する都内46棟(2018年6月時点)のマンションに順次導入予定。

デュアルタップの管理物件

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ