このページの本文へ

地球の大気を巨大レンズにする「テラスコープ」の可能性

Emerging Technology from the arXiv

2019年08月16日 17時23分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

望遠鏡は口径を大きくするほど、遠くの宇宙まで観測できるようになるが、大きな望遠鏡を建設するのには莫大な費用がかかる。コロンビア大学の研究者は、地球の大気による光の屈折現象を利用することで、直径150メートルの地上望遠鏡に匹敵する集光力を備えた、地球サイズの望遠鏡「テラスコープ」を実現できる可能性を示した。

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ