このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ピカチュウ大量発生中の横浜にジラーチが出現「ポケモンGOフェスタ」参加レポ

2019年08月17日 16時00分更新

文● MOVIEW 清水 編集●南田ゴウ/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

地域限定の「ペラップ」と、まぼろしのポケモン
「ジラーチ」が登場したPokémon GO Fest Yokohama 2019

 スマホゲーム「ポケモンGO」のリアルイベント「Pokémon GO Fest Yokohama 2019」が同時に開催されていたが、今年の目玉は主にインドネシアなどに出現するポケモン・ペラップと、まぼろしのポケモン・ジラーチ。当イベントへの参加はあらかじめ抽選によって選ばれたポケモントレーナーのみが参加できるようになっており、参加者にはバッジが配布済みで、去年までのように会場についてチェックインする必要がなくなっていた。

Pokémon GO Fest Yokohama 2019のバッジ

 会場は山下公園、赤レンガ倉庫、臨港パークの3つに振り分けられ、それぞれの会場だけで完結するようになっていた。昨年の横須賀では、会場ごとに出現するポケモンに変化が見られたが、今年はそのようなことがなく、すべての会場で同じポケモンが出現した。

山下公園会場の様子。とにかく暑いので、直射日光を避けられる日陰に人が集中していた
赤レンガ倉庫会場の様子。これらのスタンディはどの会場にも設置されていた
臨港パーク会場の地図。海のエリア、こおりのエリア、空のエリアがあり、それぞれの属性を持ったポケモンが出現していた
会場に入るとさっそく博士からスペシャルリサーチを頼まれる。これをクリアするとジラーチをゲットできるが、会場でないとクリアできないタスクもあり、時間、いや、バッテリー残量との戦いとなった最初のタスクでハードルが高かった「2人とフレンドになる」。まあ、周りはポケモントレーナーばかりなので、近くにいた大阪から来たという方にお願いした
会場内では普段あまり見かけないポケモンも多数出現色違いポケモンの出現確率も高いようだったが、出現した色違いはニョロモばかりだった
会場内に設置された飾りは海のエリア、こおりのエリア、空のエリアにあり、そこで出現するポケモンがスペシャルリサーチのクリアに重要な役割を担っていた
ジラーチが登場した頃にはもうバッテリーが10%を切っていた。モバイルバッテリーで充電しながらだったが、ギリギリの戦いというイメージ限定ポケモンであるペラップもゲットしたが、去年のトロピウスほど出現しておらず、数的にはあまりゲットできなかった
こうしたイベントでおなじみのアンノーンは、「WAKEUP!」の文字のアンノーンが出現。初めて「W」と「P」をゲットし、アンノーンはやっと20種類に到達
会場内に設置されたリアルポケストップ
ゲーム上でもきちんとポケストップとなっている
会場内はあらかじめ参加できる人数を制限する抽選と、3会場への振り分けのため、それほど混んでいるという雰囲気はなかったが、とにかく日陰に人が集中していた
通信障害対策として出動していた移動基地局
また、各キャリアごとにWi-Fiスポットも設置されていた

 人数制限や移動基地局、Wi-Fiスポットの設置などで、通信については大きな障害は起こってなかったようだが、それでも会場内に入った直後30分はログインができない状態となりゲームができなかった。その30分以外は問題なくプレーできたが、やはりこのように大勢が集まるイベントでは通信環境対策が重要であり、主催側が苦労していることは想像にかたくない。

 また、猛暑日続きということで、その暑さ対策も今年はたいへんだったが、それでもその暑さに負けず、これだけの人が集まるというのはポケモンGOが魅力あるコンテンツだからであろう。新しいシステムも次々と導入され、まだまだその人気の衰えが見えないポケモンGOは、これからも多くの人楽しませてくれるだろう。


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ