このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析第51回

スマートスピーカーとしては高いが、音質を考えれば安い:

アップル「HomePod」はiPhone 6の再利用

2019年08月15日 09時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルはいよいよ、日本でもスピーカー製品「HomePod」の発売をアナウンスしました。夏に発売されると言うことで、8月中、少なくともiPhone発表イベントの前までには登場するのではないか、と思います。

 HomePodは米国では当初349ドル、後に299ドルで販売された、音声アシスタントSiriを搭載するスマートスピーカー。日本では3万5424円で販売されます。

 この分野にしては価格は高く、先行して発売していた米国でも6%程度のシェアしか獲得できていないようです。

 競合製品が50ドルから手に入る小型モデルを投入し、しかもそれをしばしば半額セールして「全部屋設置」を目指す戦略で競争するアマゾンやグーグルと、アップルのHomePodは全く異なる戦略を採っていることが分かります。

 アップルが最近たびたび強調するアクティブインストールベースは14億。このほとんどのデバイスですでに音声アシスタントSiriが利用できるため、他社のように躍起になって音声アシスタント専用デバイスをばらまく必要がないことに起因する違い、といえるでしょう。

 そのぶん、HomePodは「オーディオ製品」としての性格とこだわりを色濃く映し出している点が魅力となります。そのことは、ケーブル1本見てみても分かります。非常に細かい話なのですが、1本伸びる電源ケーブルが布巻とされていて、昔ながらのオーディオケーブルの雰囲気を感じさせるこだわりがあるのです。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン