このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第328回

修理会社iFixitが報告:

iPhone XSとXR、非正規修理はバッテリーの状態利用不可に

2019年08月14日 08時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhone XS、XS Max、XRの3機種は、非正規店でバッテリーを交換すると「バッテリーの状態」機能を利用できなくなる。米修理会社iFixitが8月7日にブログで報告した。

 iFixitによると、非正規店でバッテリーを交換すると「このiPhoneに純正バッテリーが搭載されていることを確認できません」とのメッセージが表示され、「バッテリーの状態」機能が使えないという。

 このメッセージは純正のバッテリーを用意して交換しても同様で、Genius BarかApple認定サービスプロバイダが交換後のバッテリーを認証しないかぎり、正規品、非正規品に関係なく同機能が利用できなくなるそうだ。

 iFixitは「ユーザーに対して敵対的な選択だ」と、アップルのこの対応を非難している。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中