このページの本文へ

新職業「弓奏士」の発表も! ブレイドアンドソウル「ジャパンチャンピオンシップ2019」レポート

2019年08月14日 13時00分更新

文● 高橋佑司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いよいよ試合開始

 試合が開始されたのは13:00ごろ。第1試合では、最終局面でMySugarDadyのバップ選手とvひなこv選手、NoonsangFanClubのAyn選手、Sleepingforestのぬこむすめ選手が残り、バップ選手とAyn選手が、特定の条件を満たすことで変身できる強力なキャラクター「ホン・ドウゲン(通称:師匠)」に変身して対決。

試合中盤にマップに現れる「霊獣」というモンスターを倒すと、強力なキャラクターである師匠に変身できる

 師匠同士の戦いはバップ選手が制するも、序盤にチームメイトを失いながらここまで生き残ってきたぬこむすめ選手が1人で健闘。バップ選手との一騎打ちに持ち込み、あわや逆転というところまで迫りながら、すんでのところでバップ選手が勝利するという結果に。

ぬこむすめ選手はバップ選手をセーフティーエリア外で拘束し、大ダメージを与えるも、最後はバップ選手が勝利
第1試合のリザルト

 第2試合は、各チーム早い段階から戦闘を開始する展開。終盤まで生き残ったチームは、木の上など見晴らしの良い位置に隠れて陣取り、敵チーム同士が戦っている中に横から仕掛けるなど、バトルロイヤルらしい敵の隙をついた戦術での戦いを繰り広げる。

樹上で好機を伺うNoonsangFanClub

 最後は、最終盤までチームメンバーを失わず残していたNoonsangFanClubが制し、第2試合までのポイントは以下のような結果になった。

第1~2試合合計リザルト

 第3試合は、終盤になっても多くのチームが生き残っている展開に。セーフティーエリアが狭まると、激しい乱戦が繰り広げられる。生き残ったのはNoonsangFanClubのAyn選手とCatenaのゆーき爻選手で、最後はAyn選手のコンボが決まり、チーム順位はNoonsangFanClubが1位に。

 しかしCatenaは、この試合で参加プレイヤーの約半数である10キルという大量キルを獲得しており、チーム順位は2位ながら獲得ポイントはNoonsangFanClubを追い抜く。

Ayn選手のアイテム「鎖投てき」を使ったコンボで決着
第3試合のリザルト

 ここにきて追い上げを見せるCatena。一体どのチームが頂点に立つのかまだまだ分からない中、運命の第4試合が始まる。

 最後となるこの試合では、試合終盤まで多くのチームが身を潜め、かなり狭い範囲で4、5チームが入り乱れる展開となり、最後はNoonsangFanClubとCatenaのチーム戦に。

 そしてNoonsangFanClubの赤髪の滅砕士選手が師匠に変身して注意を引き付けている間に、Ayn選手が範囲内の敵に大ダメージを与えられるアイテム「死霊投てき」を使用。密集していたCatenaは壊滅的被害を受け、最後はNoonsangFanClubが見事勝利を飾った。

アイテム「死霊投てき」がさく裂し、NoonsangFanClubが勝利
第4試合のリザルト

「スポーツビジネス」の詳細情報はこちら
  • Sports Marketing

    スポーツを活用するマーケティング戦略を追う

  • Sports Technology

    スポーツの世界を変えるテクノロジーたち

ピックアップ