このページの本文へ

格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す!第132回

アップルCarPlayを旅行でバリバリと使っても、格安SIMで大丈夫そう

2019年08月11日 12時00分更新

文● 正田拓也 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Apple CarPlayでは同時にSiriも使える

 便利なのはカーナビが利用できるだけではない。使えるアプリは制限されるものの、「ミュージック」で音楽再生も同時に可能で、iPhoneの音楽再生機能が利用できる。

 また、クルマのステアリングの音声対応ボタンを押すことでSiriの利用が可能となる。目的地検索などこれもできることに限りがあるもの、普段から使い慣れた音声インターフェースが使えるのも便利だ。

Siriもハンドルのボタンを押せば呼び出し可能になる

 なお、海外に行って借りたレンタカーがApple CarPlayに対応したものであれば、海外でもApple CarPlayを利用して、自分のiPhoneを使ったカーナビを利用できる。これはかなり便利なのではないだろうか。

Android Autoもほぼ同様の使い勝手

 また、Apple CarPlayに対応する機器の多くは同時にAndroid Autoにも対応している。フォルクスワーゲンのカーナビやディスプレーもそうだが、同時対応という機器は多い。そのためAndroidスマートフォンもUSBポートに接続すれば、Apple CarPlay同様にカーナビなどの機能が使える。

Android Autoで目的地案内。Googleマップでも渋滞を考慮したルートと時間を表示
フォルクスワーゲン車では、メニューから右下の「App-Connect」がApple CarPlayやAndroid Autoの入口となる

 Android Autoの弱点は、ナビアプリが主要なものではGoogleマップにほぼ限定されること。Googleマップのルートで問題ないならよいが、従来のカーナビに比較的近い印象のあるYahoo! カーナビやその他のアプリの利用ができないのが残念。各種のアプリがクルマで使えるというよりも、クルマでGoogleのサービスを使うために特化した内容となっているのだ。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン