このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

サプライズだらけだったサムスン「Galaxy Note10」発表会を振り返る

2019年08月10日 10時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サムスン電子の最新スマートフォンGalaxy Note10/Note10+が発表

Galaxyエコシステムを担う存在
それがGalaxy Note10シリーズ

 8月7日(現地時間)ニューヨークで開催されたサムスン電子の新製品発表会「Galaxy Unpacked 2019」では、最新スマートフォン「Galaxy Note10」「Galaxy Note10+」に加え、数日前にアナウンスされたタブレット「Galaxy Tab S6」とスマートウォッチ「Galaxy Watch Active 2」の紹介、さらにはSnapdragon 8cxを搭載するWindowsノートPC「Galaxy Book」が発表された。

発表会会場となったBarclays Center

 これまでの発表会では新しいデバイスが登場する期待感を高める話をたっぷりしてから、サムスンのモバイル事業部CEO、DJ Koh氏が誇らしげに新製品を披露するスタイルが常だった。しかし、今回の発表会は「Galaxyエコシステム」の一環を担う製品として、クリエイティブな機能を高めた新製品がGalaxy Note10であると冒頭で発表。それから各機能の進化点を紹介するスタイルでイベントが進行した。

Galaxy Note10を発表するDJ Koh CEO
発表会が始まると、すぐに紹介されたGalaxy Note10/Note10+

 今回のモデルはGalaxy Noteシリーズ史上初めての2サイズ展開となった。Galaxy Note10は6.3型、Galaxy Note10+は6.8型のディスプレーを採用する。Galaxy Note10+は昨年モデルの「Galaxy Note9」の順当な機能進化モデルなのに対し、Galaxy Note10は小型かつペンが使えるスマートフォンとして若干スペックを下げて投入される。

 ディスプレーはフロントカメラを中央上部に埋め込んだデザイン。Galaxy S10シリーズは右上に埋め込まれていたため、2つのシリーズでフロントデザインは大きく異なる。なお指紋認証センサーもGalaxy Noteシリーズで初めてディスプレー埋め込み型となった。

2サイズ構成になったGalaxy Note10シリーズ
ディスプレー上部にパンチホール式のフロントカメラを搭載

 本体カラーはGalaxy Note10がAura Glow、Aura White、Aura Black、Aura Pink、Aura Redの5色。Galaxy Note10+がAura Glow、Aura White、Aura Black、Aura Blueの4色。ピンク、赤、青はそれぞれのモデル固有の色となっている。

Galaxy note10のカラーバリエーション
Galaxy Note10+のカラーバリエーション

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン