このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析第50回

アップルのキャッシュレスがやってくる:

アップルカード発行開始へ 日本ではドコモと組むか?

2019年08月08日 16時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2019年のアップルはサービス部門充実の年。3月25日のイベントでは、雑誌定額読み放題のNews+、ゲーム遊び放題のApple Arcade、独自コンテンツが楽しみなApple TV+といったコンテンツのサブスクリプションが発表されました。

 そんなサービス部門の中で異質だったのが、Apple Card。ゴールドマンサックスと組んでiPhoneのウォレットアプリから発行し、すぐにApple Payで使えるようになる、モバイル時代のクレジットカードとして発表されました。

 アップルは2019年第3四半期決算の電話会議で、夏とアナウンスしてきたApple Cardの米国展開を、8月中に開始すると明らかにしました(編註:米国時間8月6日、一部のiPhoneユーザーに招待状の送付を始めた模様です)。

 iOS 12の最新バージョンで、Walletアプリからカードを作ると、審査を経てすぐにiPhoneなどにカードが登録されて、店舗やウェブでのApple Pay決済が可能になり、のちにチタン製のカードが郵送されてくる、という流れになります。

 そのApple Cardですが、日本でも7月16日に商標登録申請が出されて話題になりました。新しい商標登録申請をツイートする「商標登録bot」が、Apple CardとApple Cashの商標・ロゴの登録をツイートしたのです

 申請されただけなので、まだ登録されたわけではありませんが、日本でのサービス展開を念頭に置いた動きとして、注目が集まりました。軽減税率に向けてキャッシュレス化がトレンドとなる中、日本で半分以上のシェアを維持するiPhoneを通じたモバイル決済の取り組みが注目されるのです。

※特許庁への出願番号は2019-0972262019-097229

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン