このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

組みたい自作PC構成まるわかり!!第43回

ゲームも編集系も余裕

【今月の自作PCレシピ】第3世代Ryzen 5で組むコスパ抜群のPC

2019年08月17日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンパクトなMicro ATXで構成

 コンパクト性と拡張性のバランスが良いMicro ATX規格が大好きな石井さん。マザーボードとPCケースは、Micro ATXで構成している。

 マザーボードは第3世代Ryzenの動作も問題ないB450チップセットを搭載するASRock「B450M Steel Legend」で、PCケースはパネルへの吸音材の採用や高い密閉性で優れた静粛性を発揮するFractal Designの「Define Mini C」を選択。

 「Define Mini C」は内部を魅せる系ではないが、シンプルなフロントデザインと組みやすい内部レイアウトが魅力で、240mmラジエーター採用のオールインワン水冷キットも搭載できる。また、筐体がホワイトカラーのモデルもあるので注目だ。

B450チップセット採用のMicroATXマザーボードのASRock「B450M Steel Legend」。第3世代Ryzen対応BIOSにアップデート済みなので安心だ8ピン電源コネクターやMOSFETの大型ヒートシンクなどを備え、9000円台とコスパ優秀
サイドパネルなどに吸音材を備え、高い静粛性を実現するFractal Design「Define Mini C」
組みやすく、拡張性も十分ある内部レイアウトになっている
貴重なホワイトカラーのモデルも用意している
Ryzen 5には標準でCPUクーラーが付属するが、大型ヒートシンクと静音120mmファン装備のサイズ「虎徹 MarkII(SCKTT-2000)」を追加
容量1TBで2万円アンダーとコスパ優秀なADATA製NVMe SSD「XPG SX8200 Pro」の1TBモデルネイティブ3200MHz動作のメモリーチップを採用するCFD販売(Crusial)の「W4U3200CM-8G」
玄人志向のGALAKURO GAMINGに属するGeForce GTX 1660搭載ビデオカード「GG-GTX1660-E6GB/DF」GG-GTX1660-E6GB/DFは、92mmファンを2基採用するGPUクーラーを搭載する
GALAKURO GAMINGシリーズの製品ページには、各ビデオカードのベンチマーク結果が掲載されているので、要チェックだ
電源ユニットには80PLUS GOLD認証取得のSilverStone「SST-ST65F-G V2」。650Wのフルプラグイン仕様で、ケーブルは取り回ししやすいフラットタイプになる

【取材協力】

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中