このページの本文へ

女性部下に好かれるクールビズは「自分が涼しい服」ではない!

2019年07月25日 06時00分更新

文● 丸山尚弓(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いよいよ夏本番、クールビズの季節がやってきた。しかし、「自分が涼しければいい」という装いでは女性からは嫌われてしまう。周囲に清潔で涼しげな印象を与えられるコーディネートについて、考えてみよう。

高級スーツを着る男性は
汗脇パッド使用率が高い!

失敗しないクールビズを解説します。
ジャケットを着用しない場合、シャツのシルエットが目立つので、特にウエストまわりのシルエットに弛みがないか、チェックしましょう

 7月も下旬になり、ようやく梅雨も明けそうです。本格的な暑さを迎える前に、知っておきたい「正しいクールビズ」について、女性としての視点からメンズファッションライターの筆者が解説いたします。

 また、服装や身だしなみ、そして振る舞いから伝わるイメージをプロフェッショナルとしてコンサルティング・指導されている国際ボディランゲージ協会代表の安積陽子さんにも、同じ女性としてご意見をお伺いしました。

メンズファッションライターの筆者(左)と、国際ボディランゲージ協会代表 安積陽子さん(右)

 まず強調しておきたいのは「清潔感が第一」ということです。せっかくどんなに毎日シャワーを浴びて、体臭などのエチケットに気を配っていたとしても、他人から見て清潔な感じがすると思われないと損をしてしまいます。

 意外に思われるかもしれませんが、いいスーツを着ている男性、そして自分のスタイルがあるお洒落な男性は汗脇パッドを愛用しています。どんなに素敵な人でも、お洒落にしていても、腕を上げた時に汗ジミがあるだけで一気にNG判定が下ってしまいます。特に電車で吊り革を持つ時や、会議で板書する時などは要注意です。

 面倒でも、シャツに汗脇パッドをするか、強力な制汗スプレーを重ね付けするなどの必要性を強く感じます。たとえジャケットを脱がない予定でも、明るい色合いやグレーやネイビーのものを着用する際は、特に留意してほしいと思います。

透けないのはグレーの肌着
社外で半袖シャツはNG

 真っ白な下着に白いシャツ(特に安価な薄い生地)の掛け算では、そこだけ下着のラインが分かりやすくなります。生活感が漏れ出てしまうことは、ビジネスの場でプラスに作用することはありません。ベージュも良いのですが、男性だと抵抗感がある方もいるでしょう。

 そこでおすすめしたいのは薄いグレーの下着。意外と透けにくいですし、グレーだと汗ジミが乾いた後や、襟元の汚れなども目立ちにくいという利点があります。扱っているメーカーはあまり多くありませんが、優れものです。

 ビジネスシーンでは大前提として、ジャケットやスーツなどの上着から、きちんとシャツの袖が少し見える状態になっているのが着用のマナー。半袖シャツだけでジャケットを着用せずにいて平気というのは日本特有の文化で、国際的に見るととても奇妙な装いです。

シャツは男性の被服の歴史からいうと「下着」のカテゴリーに入ります。下着の定義とは、他人が不快に思う可能性があるものを見せないことです

 どうしても半袖シャツを着たいなら、人前ではジャケットを脱がないことを推奨します。もし、「半袖シャツ+ジャケットなし+ノーネクタイ」を実行したいならば、「社外には絶対出ないと決めている時!」くらいに思っていただきたいですね。

 残念ながら、半袖シャツにスラックスのみという姿は、周りからはあまり美しいとは感じられないことのほうが多いのです。社内でも、ミーティングなど人と長時間対面で話す予定がない場合が望ましいでしょう。

 また、長袖シャツをジャケットなしで着用する場合は、ぜひ「サイズ感」を大切にしていただきたいですね。特にダボッとしがちな腰回りには気をつけていただきたいものです。

 いくらクールビズといっても、やはり「長袖シャツ+アンタイド(ノーネクタイ)+ジャケット」というスタイル以上にはカジュアルにならないほうが、どんな人からも好感度が高いように思います。

ネクタイはしても良いけれど
周りへの気遣いを忘れずに

 やはりクライアントとのミーティングや、人前に出るような機会にはネクタイをしたほうが、自分も周りもそれらしい気持ちになります。装いは思っている以上に周り、そして自分自身の精神に影響を与えるものです。

ニットタイは夏らしさを感じさせるので、筆者のおすすめです

 しかしながら、必ずしも一日中ネクタイをしている必要はないので、適宜、着脱する習慣を身につけることをおすすめします。

 面倒だと思われるかもしれませんが、スケジュールに余裕を持ち、着脱することを前提とする習慣をつけていると、自分も周りも快適に過ごせる可能性が高いです。

「アンタイド(ネクタイなし)+長袖シャツ+ジャケット着用」という出で立ちは、クライアントとのミーティングなどがない場合はOKラインといえるでしょう。

 急な予定変更や外出に備えて、ネクタイはコーディネートに合うもの持参しておくことをおすすめします。あるいは社内に汎用性の高いものを2~3本、置きネクタイしておくのも良いかもしれません。

 ちなみに、社内でジャケットを脱いでいるのはOKです。シワができたり型崩れしたりしないように、椅子の背などではなく、ハンガーに掛けておくことをおすすめします。

周りを涼しくするような
素敵なクールビズとは

 国際的なマナーや装い事情に詳しい国際ボディランゲージ協会代表、安積陽子さんに日本のクールビズについて、いくつかのポイントを整理していただきました。

(1)夏の装いの大前提として「自分が涼しい」ことよりも「他者の目に涼しく映るか」を優先してアイテムを選ぶことがマナーです。着ているご本人だけが楽をしているかのように見えないよう、ネクタイを外したならば、ジャケットにチーフを加えるなどの一工夫を加えて、相手の方に配慮していることをきちんと示しましょう。

(2)装いがカジュアルになると、小物まで極端にカジュアルなものを選ばれる方がいますが、ボタンやステッチに色糸が使われている装飾性の強いシャツは避けましょう。また、ベルトや靴の色味を揃えて、全体的に統一感のあるすっきりとしたコーディネートを心がけましょう。ネクタイやジャケットを着用しない場合、ベルトの存在感が一層際立ちますので、質が良くメンテナスされたものを身につけましょう。

(3)ジャケットを着用しない場合、シャツのシルエットは目立ちます。ウエスト周りのシルエットに弛みがあると、清潔感に欠けて見えてしまいますので、身体にピタリと合ったスリムフィットのシャツを選び、ウエスト周りが弛みなくきっちりとパンツに収まるように意識しましょう。長時間の移動が多い方は、防シワや速乾に優れたポリエステル混のシャツを選ぶのも1つの選択肢です。

(4)クールビズの装いをする際には、立ち居振る舞いまでカジュアルに見えないよう、普段以上に姿勢を正し、所作にも気を配る必要があります。 姿勢を整える際は、耳と肩の位置が一直線で、床に対して垂直になるよう意識して歩きましょう。また爽やかで機敏な印象を与えるためにも、暑い夏こそ膝の裏をしっかりと伸ばし切りながら、腰から脚を動かして歩くように意識すると良いでしょう。

 筆者もお話を聞いて改めて実感したのですが、クールビズだからといってシャツの形や襟にこだわる必要はなく、むしろ全体の統一感を重視することが大切なんですね。

 どんなに有能な人でも、ネクタイなし、半袖、ジャケット不着用は、装いのしまりがなくなってしまうので、どうしても「だらしない=仕事ができない人」に見えがち。普段から装いが自分の振る舞いや気分、ひいては相手へも大きく影響していることを理解し、相手を爽やかで涼しい気分にさせるような、正しいクールビズをぜひ身につけたいものです。

(メンズファッションライター 丸山尚弓/5時から作家塾®)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ