このページの本文へ

今後数年内の運用開始を目指す

JR九州、A.L.I.Technologiesと共同でドローンやAIを用いて鉄道施設を点検

2019年07月16日 17時15分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 九州旅客鉄道(JR九州)とA.L.I.Technologiesは7月12日、共同で無人航空機(ドローン)や AI を用いた鉄道施設の点検ソリューションを開発したと発表した。

 将来的な労働力不足やインフラの老朽化、自然災害の対応といった社会的な課題の解決に向けて両社が開発・実験に取り組んできたもので、A.L.I.Technologiesの持つ「空のインフラ」に関する特許群と技術をベースにJR九州の鉄道施設における画像解析を活用した調査や点検、枯れ木の早期発見技術などを融合したという。

 鉄道施設点検の効率化・高度化に加えて、安全管理などの各種オペレーションの改善へ向けた共同開発に取り組み、今後数年内の運用開始を目指すとしている。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ