このページの本文へ

業務プロセスやワークフローをより管理しやすく

Box、「Box Relay」新バージョンを提供開始

2019年07月16日 17時05分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Box Japanは7月16日、、ワークフローの自動化とビジネスプロセス管理を行なうツール「Box Relay」の新バージョンを日本国内で提供開始した。

 新バージョンは、営業企画やマーケティング資料の作成、予算の承認プロセス、契約更新などのクリティカルなビジネスプロセスを自動化するとしている。

 連続的・並行して発生するワークフローなどの複数の業務プロセスをサポートする「パワフル ワークフロー エンジン:IFTTT」、コード不要のシンプルな「ワークフロービルダー」などを搭載。顧客やベンダー、パートナーなど外部関係者へのタスク割当やモバイルデバイスでのタスクリストの確認、リアルタイムなプッシュ通知受け取りも可能となっている。

 ワークフローの履歴確認にリアルタイムで可視化できるダッシュボードが採用されているほか、SalesforceやPega、Nintexなどの他のビジネスプロセスや既存Boxの連携も強化されている。

 Box Relayの新バージョンは有料版と無料のLite版で提供が開始されている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ