このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

新車を買った情報2019第23回

マツダ ロードスターRFの排気音を楽しもうとして失敗した

2019年07月13日 12時00分更新

文● 四本淑三、編集●西牧

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ロードスター排気音補完計画

 新車を買った情報2019。私は四本淑三であります。今回も話題の中心はロードスターRFでありますが、いい排気音を轟かせているのに、どうにも音が小さい。オープンにしてトンネルでも走らない限り、運転席には聞こえない。この排気音をなんとかしよう、というのが今回のテーマであります。

排気音を楽しめるのもいまのうち?

 もちろん車の排気音は法で規制されておりまして、規制値を超えると車検を通りません。道路運送車両法で定めるところの近接排気騒音でありますが、私のクルマの場合、車検証に記載されている測定値は83デシベルでありました。

 規制値は96デシベルですから、もっと上げても許してもらえそうですが、2016年以降の生産車は、純正より音の大きなマフラーを装着できません。従いまして、2018年型のロードスターRFは、マフラーの交換で音量を上げられないのであります。

 こうしたクルマの騒音は、最近は国連自動車基準調和世界フォーラムという、なんだかまどろっこしいところで審議されておりまして、我が国の規制もこの基準に沿ったものになっております。

 ここでクルマの走行音を段階的に下げていこうという申し合わせになり、加速走行騒音規制というものが決まりました。現在はそのフェーズ1で、ロードスタークラスの乗用車は72デシベル以下。2020年のフェーズ2では、70デシベル以下となり、2024年のフェーズ3については、できるかどうか様子を見ながら、68デシベルくらいでどうかな? という話になっているそうであります。

 走行音の音源は主にエンジンとタイヤですが、タイヤの騒音を下げるのも限界がある。だからフェーズ3をクリアできるのは、電気自動車くらいになるだろうと言う人もいます。それでフェラーリやランボルギーニ、マクラーレンまでもが燃費度外視のハイブリッドを熱心にやっているのでしょうか。

 ただ、いまなら誰に咎められることなく、自然吸気のエンジン音を楽しめる。他人に迷惑にならない方法で、どうにかしたいものです。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ