このページの本文へ

国内での監査による認定取得は初

FIXER、Azureパートナー認定プログラムの最高位「Azure Expert MSP」を取得

2019年07月16日 01時30分更新

文● 羽野三千世/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 FIXERは2019年7月12日、同社が提供する24時間365日体制のMicrosoft Azureフルマネージドサービス「cloud.config」が、米マイクロソフトのAzureパートナー認定プログラム「Azure Expert マネージドサービスプロバイダー(Azure Expert MSP)」を取得したと発表した。

 Azure Expert MSPは、Azureパートナーを認定する最高位のプログラム。グローバルで30万社以上あるAzureパートナー企業のうち、約40社のみが認定されている。認定の過程では、Azureのサービス全般の実践経験と導入実績の数、サービス運用プロセスが自動化されているか、DevOpsに関するスキルセットが確立されているか、最も効率のよいソリューション設計を実現しているかなど、多岐にわたる項目を第三者機関が世界共通の評価基準で審査する。

 国内では、3月に富士通がグローバルでの監査を経てAzure Expert MSPを取得した。国内での監査を経て認定を取得した事例は、今回のFIXERが初となる。

■関連サイト