このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所第161回

安全性と利便性の両立が求められる:

セブンペイ問題「コンビニでQR」自体に疑問の声も

2019年07月12日 09時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■利便性とセキュリティの両立を

 7payが引き起こした問題は、誰もがよく知っているセブン-イレブンというブランドの知名度も相まって、QRコード決済やスマホ決済、キャッシュレス全体に対する逆風になりそうです。

 問題が起きた背景として、7payのセキュリティに大きな不備があったことは明らかですが、セブン側がユーザーの利便性とのバランスを取ろうとした形跡もうかがえます。

 セブン-イレブンの店頭で7payが使われる場面を想像すると、アプリの操作が分からない人、残高が足りずにその場でチャージする人もいるでしょう。混雑したレジで多くの人をさばくために、少しでも手順を簡略化したかった気持ちは分かります。

 一方で、コンビニを使う理由は必要なものを素早く買いたいからという人も多いはず。すでに海外ではAmazon Goのようにレジを通さずに会計できるお店も出てきており、手間の多いQRコード決済自体への疑問の声も増えています。

 業界リーダーであるセブン-イレブンには、利便性とセキュリティを両立した新しい「Pay」体験を期待したいところです。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン