このページの本文へ

最新パーツ性能チェック ― 第265回

RX 5700でもゲーム次第でRTX 2070よりも上!?Radeon RX 5700シリーズを徹底検証

2019年07月07日 22時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトラハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 続いては「BIOHAZARD RE:2」(BH2)を使用する。このゲームはRadeon VIIレビュー時にも使った通り、影をVRAMにキャッシュする仕組みを使っているため、最高画質設定では予想VRAM使用量が12GBを越える。もちろんVRAM 6GBや8GBのGPUでも動かないという訳ではないのでRX 5700シリーズでも安心して最高画質設定にトライできるが、フレームレートはどう出るだろうか? 画質関係は前述の通り最高設定だが、アンチエイリアスだけは見た目のクオリティーの関係でFXAA+TAAに設定している。警察署ロビーから西側廊下に至る一定のコースを移動した時のフレームレートを「OCAT」で測定した。

 前述の通りVRAMにデータがキャッシュされるため、一度コースを往復してからOCATで計測……という手順を踏んでいるのだが、今回試したRX 5700シリーズ用評価ドライバーではBH2の解像度を変更するとゲームが強制終了してしまうため、あまり良い状態とはいえないことを頭に入れておいて頂きたい。

「BIOHAZARD RE:2」DX12、1920×1080ドット時のフレームレート
「BIOHAZARD RE:2」DX12、2560×1440ドット時のフレームレート
「BIOHAZARD RE:2」DX12、3840×2160ドット時のフレームレート

 RTX 2070を挟むようにRX 5700と5700XTが布陣するという結果は他のゲームでも観測されている。RTX 2070をEOLとし、スペックを強化したRTX 2070 SUPERを投入するのはなるほど納得できる話だ。RTX 2060のフルHD時のみ強烈なカクつきが観測されたが、筆者のいつもの環境ではこのようなカクつきは見たことがない。Ryzen+X570マザーボードの組み合わせ特有の現象か、メインメモリー搭載量が疑われるが、今回はハード構成が縛られていること、検証の主眼はRX 5700シリーズであることから考察は別の機会としたい。

この特集の記事