このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

第3世代Ryzenにおすすめ!

B450マザー選びのポイントはM.2 SSDの2枚差しにあり!

2019年07月07日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ROG STRIX B450-F GAMING」で
×16と×8動作の性能をチェック

 最後は、ゲーミングパフォーマンスをチェックしていこう。ベンチマークは「3DMark」の各テストと、「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマーク」を最高品質の解像度1920×1080ドット、2560×1440ドット、3840×2160ドットを行っている。

3DMarkのGraphics score
ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマークのスコアー
ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマークの平均フレームレート(レポート)

 各ベンチマークを数回実行し、もっとも良かったスコアーをまとめている。ブレの範疇だが今回のテスト環境ではPCIe ×8で動作した際のほうが、なぜかx16動作時を上回る傾向となっている。いずれにせよ帯域幅によるボトルネックは出ていないのでNVMe M.2 SSD2枚差し&ビデオカード×8動作で不安なく、ゲーミングを楽しめる。

次世代も安心な売れ筋B450マザー

 最速クラスのNVMe M.2 SSDの2枚差しもオッケーなASUS「ROG STRIX B450-F GAMING」は、第3世代Ryzenと組み合わせて長く使えること間違いなしの1枚だろう。

最速クラスNVMe M.2 SSDの2枚差しを可能にするASUS「ROG STRIX B450-F GAMING」

 とは言え、セカンドM.2スロットは1600MB/sec前後が限界になるが、M.2ヒートシンクやキレイなLEDイルミネーションを備え、価格が1万2000円アンダーと手ごろになっているASRock「B450 Steel Legend」も十分魅力的と言える。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中