このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析第45回

デザインが完成してしまったのではないか:

アップルからジョニー・アイブが退職する理由はiPad Proを見るとわかりそうだ

2019年07月03日 16時30分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先週後半に「アップルのジョナサン・アイブ氏が2019年中に退職する」というニュースが流れてきて、驚いた方も多かったのではないでしょうか。さすがに「アイブ・ロス」、は言い過ぎかもしれませんが……。

 1992年に英国から米国に越境し、アップルで工業デザインに携わり、彼のデザインを通じて、やはり1996年にアップルに戻ってきたスティーブ・ジョブズ氏の構想に「形」を与えた人物として、つねに注目を集めてきました。

 iMac、iPod、iPhone、MacBook Air、Mac Pro、iPad、Apple Watch、iPhone X、AirPods、HomePodと、次々に登場する新製品には、そのカテゴリのデバイスにとって、あるべき姿が与えられ、奇抜さや驚きよりも「納得感」が強い、そんな印象を受けるようになりました。

 しかしボタンやコネクタなど、目に見えるところの細部、さらには基板など目に見えないところにまで気を配る丁寧さは、他の製造メーカーがどんなにアップル製品について分解して分析しても、なかなか真似されない部分となっています。

 おそらく、多くの人たちの興味は、アイブが去った後のアップルのデザインについて、そしてアイブ氏がマーク・ニューソン氏と立ち上げる新しいクリエイティブファーム「LoveFrom」を通じたアップルでの仕事、アップル以外の仕事についてです。

 本連載でも継続して、アップルとデザインについては追いかけていきたいと思いますが、そもそも、アイブ氏はなぜアップルを去る決心をしたのか。また、アップルはそれを認めたのかというアイデアについて、考えてみたいと思います。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン