このページの本文へ

グミ人気が止まらない理由、日本で進化を遂げる「サプリグミ」の充実度

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンビニのお菓子売り場を見ると、最近、アメやガムよりも棚を占めているのがグミだ。その種類は様々だが、最近目立つのがサプリメントのような機能性を兼ね備えた多機能グミ。コラーゲンやビタミンC入りはもはや常識、亜鉛や鉄分、なかにはウコン配合で二日酔い対策ができるものまで、バラエティに富んでいる。そんな最新の多機能グミについて、食文化研究家のスギアカツキ氏に話してもらった。(清談社 ますだポム子)

日本人の健康への意識にハマる
サプリメント系グミ

サプリのような機能性を備えたグミが続々登場しています
子供向けからスタートしたグミは、今やサプリとしても認知されるように。水分が多いため、アメやガムよりもアレンジが簡単なのだという Photo:PIXTA

 多機能なグミの歴史を紐解く前に、簡単にグミ市場の成長を説明しよう。

 日本でグミの人気に火をつけたのが、1988年発売の「果汁グミ」(明治)だ。子供向けの「果汁グミ」が人気になると、その後、2000年頭には大人の女性をターゲットにした果汁系や酸っぱい系が登場しトレンドに。追いかけるように食感にこだわるグミが増え、ハード系や新食感の市場が成長した。

「サプリメント的な機能を持ったグミが登場してきたのは、2015年頃からですね。それまで栄養補助食品はといえば、ビタミンCやコラーゲンなどはドリンク。鉄分やカルシウムなどは『カロリーメイト』や『ソイジョイ』に代表されるようなスティックタイプのスナックが主流でした。こうしたサプリ的な市場の獲得を狙って、各菓子メーカーがコラーゲンや乳酸菌の入ったグミを売り出し始めたのです」(スギ氏、以下同)

 簡単に栄養を補給できるサプリメントは、意外に購入できる場所が限られている場合が多かった。しかし、グミであれば、コンビニのお菓子の棚に置いてもらえる。サプリよりも手軽に栄養が補給できるアイテムとして人気を博していった。

「しかも、日本人は健康への意識が高いこともあり、健康に良いアイテムが好まれる傾向があります。サプリ的なグミは、日本だからこそ流行るんでしょう。海外では、特定の栄養素が入っているグミは見かけませんから」

様々な栄養素を入れやすい
グミの製造方法

 とはいえ、各メーカーがアメやガムよりもグミに機能性を持たせる理由とは、なんなのだろうか。

「グミはアレンジがしやすいからです。味も、食感も、見た目も、自由に調整がきく作り方なので、栄養素を加えやすいんですよ」

 グミはお菓子の中でも水分含有量の高い製品だ。この水分の多さが、いかようにもアレンジできるポイントなのだという。

「元々、グミ業界が成長していくなかで、『デザインが可愛いグミを!』という女子高生や、『噛み応えがあり、男性も好む商品を!』というニーズに応えて様々な製品を出してきました。グミなら、消費者の望む味や食感、成分の商品を次々に生み出せるので、ゼロベースから栄養素を盛り込みやすく、サプリの市場を狙いに行きやすかったんです」

 狙い通り、従来のグミも、サプリ系のグミも、コンビニやスーパーでの売り場を広げていった。だが、グミが成長する一方、徐々に市場を縮小しているジャンルもある。

「これまで棚の大半を占めていたアメやガムは徐々に縮小し、今はグミとタブレットに移り変わってきていますね。ガムは噛んだ後にゴミが出るし、アメは夏場だと溶けやすくシーンを選んでしまう。チョコも同様です」

 こうした欠点をカバーしたアイテムに、人々が移っていたというわけだ。

「グミは色々なお菓子の短所をカバーしている最強の食品なのです。タブレットはゴミも出ませんし、季節性も関係ないため、ガムに代わって眠気覚ましや口内エチケットなどの効果を発揮していますが、グミほど小腹は満たせません」

グミとタピオカが
人気な「意外な理由」

 ほかにも、カフェインを多量に配合したエナジードリンクが海外からやってきたり、「眠眠打破」など眠気覚まし専用のドリンクが売り出されるなど、お菓子以外の食品の出現などによって、需要が移り変わった影響もあるようだ。

 群雄割拠のお菓子業界において、グミが抜きん出た強さを発揮できるのは、前述した点を含む“長所の多さ”に尽きるだろう。さらに「グミが持つ弾力ある噛み心地が、多くの人が本能的に好きな『あるもの』と似ていることも、グミ人気の理由ではないか」と、スギさんは分析する。

「グミの食感は、一部ではお母さんのおっぱいに似ているともいわれています。人間が本能的に好きな食感なので、万人に好かれるのかもしれませんね」

 昨今、猫も杓子も「タピオカ」と騒ぎ、街でタピオカを持っている人を見かけない日はないほどだが、タピオカブームの裏にも、あのもちもちとした食感が関係しているのかもしれない。

 今やサプリ系のグミは、通常のグミとは別の棚に陳列されることもあるほどに、独自の地位を確立してきた。なかでも、UHA味覚糖の「UHAグミサプリ」は、定番のビタミンCやマルチビタミン、コラーゲンにヒアルロン酸、還元型コエンザイムQ10やルテイン、鉄&葉酸など20種類近いバリエーションが用意されている。

「『UHAグミサプリ』でいうと、2歳のお子さんから食べられる『SPORTS』と『STUDY』の2種類もオススメです。『SPORTS』はカルシウムと鉄が、『STUDY』にはDHAとルテイン、どちらにも母乳に含まれるα-GPCという成分が含まれていて、子どもの成長をサポートするのに良いですね」

 グミの形にしたことで、錠剤や粉末のサプリ以上に継続して摂取しやすい点もポイントだという。

「グミになって嬉しいアイテムとしては、お酒を飲む人が重宝する“ウコン”ですが、これまではドリンクで摂取するのがほとんどでしたよね。三菱食品の『ウコングミ』は、ウコンが小さい固形になることで、摂取しやすく、女性でも手に取りやすくなったと思います」

サプリ機能のトレンドは
「栄養充足率」に軸足を移す


 さらにスギさんのイチオシが、プラズマ乳酸菌入りのグミだ。

「カンロとキリンのコラボ商品、『ピュレサプリグミiMUSEプラズマ乳酸菌』は、プラズマ乳酸菌を配合したヨーグルト味のグミです。乳酸菌なので便秘解消の効果も高く、免疫力も高めてくれます」

 今やグミでとれない栄養素はないといっても過言ではない。それほど多機能なグミが増えているのだ。そんなグミ業界だが、今後はどんな進化・発展があるのだろうか。

「ブームに火をつけるのは、いつも女子高生と女子大生ですから、彼女たちに刺さる商品が多く出てくるのではないでしょうか。個人的な予想に過ぎませんが、ダイエット効果があって、SNSにアップしたくなるほど見た目が可愛い製品は、爆発的にヒットするかもしれません」

 もちろん、女性に限らず、ビジネスマンや働く女性をターゲットにしたグミも出てくるだろう。

「これからは、1つの特定の栄養素が入っているだけではなく『栄養充足率』が重視されていくと思います。1つの商品に、いかにバランスよく、健康・美容をサポートする栄養素が含まれているか。忙しいビジネスパーソン向けに、慌ただしい日々の中で、手軽に、バランスよく、必要な栄養をチャージできるアイテムなどは、好まれると思います」

 自由自在に変化ができる“グミ”だからこそ、こうした高機能性を持った商品はきっと登場するだろう。近い将来、グミがスーパーフードになる日がくるかもしれない。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ