このページの本文へ

ANAは「貨物専用機投入」の賭けに勝てるか、大韓航空・キャセイらと競合

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ANAは国内航空会社で初めてボーイング777の貨物専用大型機を導入し、成田~上海~シカゴの3国間輸送を強化する。米中貿易摩擦の影響もある中で、アジアの強豪と伍して戦えるだろうか。(ダイヤモンド編集部 柳澤里佳)

ANAのB777貨物専用機
ANAのB777貨物専用機、愛称は「BLUE JAY」。北米に生息する青い翼の鳥(日本名アオカケス)が由来だ。着陸時の衝撃を吸収するため旅客機に比べて約8倍から10倍も底面の強度を高めているのも隠れた特徴 Photo by Rika Yanagisawa

 米中貿易摩擦の乱気流をくぐり抜けて平常運航を維持できるだろうか。ANAは7月2日、国内航空会社で初めてボーイング777フレイター型機(貨物専用機)を導入し、成田~関西~中国・上海~成田線へ就航する。10月末からは米国シカゴにも就航する計画。従来機材より大型かつ燃費の良いB777フレイターを導入することで、輸送量を増強し、3国間貨物の獲得に力を入れる。

 従来のB767フレイターと比較すると、搭載重量は約2倍の102トン、貨物室の高さは約1.2倍の3メートルとなり、B767では搭載できなかった大型パレットが搭載可能になる。精密機械や生体馬など輸送中のケアをするために、管理者が同乗できる座席も設置した。

 搭載容量だけでなく、航続距離もB767に比べて約1.5倍伸び、米国東部までノンストップで就航できる。一方、燃費効率はかつてANAが使っていたB747フレイターと比較すると30%以上改善される。

 B777の導入で、輸送可能な商材の幅が一気に広がる。大きさでいえば航空機エンジンや半導体製造装置が、輸送中のケアでいえば溶剤やインクなどの危険品、血液や医薬品など温度調整が必要な貨物も運べるようになり、多様な輸送ニーズへの対応が可能になった。

 航空貨物マーケットの動向は、アジア~北米の流動が今後20年間で年平均4.6%の拡大成長を見込む。同様に規模として大きく、かつ成長が見込まれているマーケットが欧州~アジアであるが、ここはシンガポール航空やタイ航空が押さえているし、ANAの共同事業パートナーであるルフトハンザ航空がすでにB777を導入していることもあり、ANAは主戦場をアジア~北米に据えた。

 購入価格はカタログ価格(割引を勘案しない定価)で375億円。関係者によると14年度~16年度の中期経営計画策定時から大型専用機の導入を構想し始めた。17年からは米国の運航会社でリース(この時はB747機)を使って顧客を開拓するテストマーケティングを行い、自社運航で採算が取れそうだと判断し18年3月、購入に踏み切った。

1月~3月は米中摩擦の影響で減収

 長年の準備を経てようやく投資決定した矢先、米中貿易摩擦が勃発した。米国が中国に対して制裁関税を発動したことで、それ以前は絶好調だった航空貨物に影を落とし始めている。

 ANAホールディングスの片野坂信哉社長は「日本から半導体などを中国に輸出して完成品を日本経由で米国に輸出する貨物事業で貿易摩擦の影響を受け始めている」と明かした。19年1月~3月(18年度第4四半期)決算では、日本から中国への貨物が重量ベースで24%減少し、売上高も24%減少。中国から米国へは重量ベースで3%減だが、単価が下がったため売上高が15%減った。国際貨物事業は18年度1275億円の売上高を見込んでいたものの、第4四半期に需要が減少した影響で1250億円にとどまった。

「米中合意の可能性はフィフティー・フィフティーといったところ。B777投入で競争力は確実に高まる。現時点で上海とシカゴに就航する基本設計を変える必要はなく、米中の動きを注視しながら戦略を練っていく。自動車関連や工作機械など荷物はいくらでもある」と片野坂社長はあくまで強気の姿勢を崩していない。

 前述の関係者も「中国発の荷物が落ち込んでいるのは事実だが、トランプ米大統領による対中関税制裁が第3弾で止まれば、下期からは回復するだろう。シリコン・サイクル(半導体産業の好不況)的にも、今は過剰在庫だけど年末から動き出すと半導体関係者は見ている。中国発はダメでも台北発北米行きは対前年30%伸びているし、アジア域内で流動化・分散化しているのが実態だ」と言う。

 6月29日に行われた米中首脳会談では貿易協議を再開することで合意した。第4弾の関税制裁発動が見送られ、ANA関係者もほっと一息ついたに違いない。とはいえ交渉は難航が予想され、予断を許さない状況だ。アジア~北米の航空貨物マーケットには日本郵船グループの日本貨物航空(NCA)や、大韓航空、キャセイパシフィック(香港)といった強力なライバルもいる。ANAはB777の導入により19年度の国際貨物事業の売上高を1690億円に引き上げる計画だが、果たして目論見通りいくだろうか。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ