このページの本文へ

オヤジホビー-ワタシが好きな物はみんなも好き、かもしれない-第186回

磨き残しをなくすためにブラウン電動歯ブラシを買いました

2019年07月07日 17時00分更新

文● にゃかむら(@TK6506)、編集●アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

電源をオンにするときは、まず口に入れてから

 本体はモーターやバッテリーが入っているため直径3.2cmとそこそこ太いんですが、手に持ったときのフィット感はなかなかのものです。重心のバランスがいいのか、重量が115gと結構あるものの、重いとは感じませんでした。

まずブラシを水で濡らして歯磨きを付けます。歯磨き粉は普通の歯ブラシで使っているやつでオーケー

 使い方は簡単。ブラシを濡らして歯磨き粉を付けて口に突っ込み、電源を入れるだけです。注意点は口に入れる前に電源をオンにしないこと。当たり前といえば当たり前なんですけど、歯磨き粉を飛び散らすことになります(経験済み)。

親指のところにある電源ボタンをポチッと押せばオンになります。しつこいようですが、口に入れてからオンにしましょう

 ブラシが円形のためパッと見は回転するように見えますが、360度回るのではなく30~40度ぐらい回っては反転する左右反復運動をします。

ブラシは360度回転するのではなく、少し回って反転する反復運動をしています。速すぎて目で見ても動きがわかりません

 この反復運動は毎分約7600回もするそうなので、秒になおすとなんと毎秒約126回もガシガシ磨くことに。パッケージにある手磨きの12倍のブラッシング回数というのも頷けます。

 磨き方はまず歯の外側に1本1本数秒ずつあてていき、それが終わったら次は内側。最後に噛み合わせ部分を磨きます。2分ほどで全部しっかりと磨き終えることができるので、本当にあっという間です。

 ちなみに、かなり強力なせいかちょっと血が出てしまいました。でもマニュアルにもちゃんと書かれていて、使い始めの2~3日は歯ぐきから出血することがあるそうです。実際、ワタシもそのぐらいで止まったので、心配は無用です。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ