このページの本文へ

オヤジホビー-ワタシが好きな物はみんなも好き、かもしれない-第186回

磨き残しをなくすためにブラウン電動歯ブラシを買いました

2019年07月07日 17時00分更新

文● にゃかむら(@TK6506)、編集●アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

歯と歯の間を磨ける歯間ワイパー付き

 購入したのはブラウンのオーラルBシリーズの入門モデル。先端のブラシの違いで4種類あり、いずれも手で磨くより12倍もブラッシングできるとのことです。

『手磨きと比べて12倍のブラッシング回数』に惹かれました

 ベーシックなのが『すみずみクリーンEX』というモデル。普通毛が植えられたマルチアクションブラシが付属しています。

 『すみずみクリーンやわらか』は、普通毛の周囲に極細の毛が植えられているモデルで、文字どおりやわらかタイプ。歯の隙間や歯ぐきとの境目に入り込むようになっているそうです。

 ちょっと変わっているのは『すみずみクリーンホワイト』で、ブラシの真ん中にラバーカップが取り付けられています。このカップが歯の黄ばみや黒ずみを落としてくれるのだとか。ホワイトニング効果ってやつですね。

 そして最後はワタシが買った『すみずみクリーンフロス』。歯間ワイパーというソフトラバー製のブレードが4つ付いていて、歯間の奥まで入り込んで汚れを落としてくれます。

歯と歯の間に入り込んで歯の側面まで磨いてくれる、歯間ワイパー付きブラシを装備

 どのモデルにするか迷ったのですが、磨き残しチェックで特に歯と歯の間が磨けていないとのことだったので、この歯間ワイパー付きにしてみました。

付属品は充電器とマニュアル。ブリスターパッケージを開けるのが昔から苦手でこんな有様に

 電動歯ブラシは乾電池式のものもありますが、このシリーズは充電式です。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ