このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

洗練された仕上げ、マイク性能に注目

新ThinkPad X1 Carbon/Yoga発表、こんなパソコンで働き方改革したい

2019年06月27日 12時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

狭額縁で薄型化した新ThinkPad X1シリーズ

 レノボ・ジャパンは6月25日、都内で記者会見を開き、「ThinkPad X1」シリーズの新モデルを発表した。

 14型液晶ディスプレーを装備し、1.09kgまで軽量化した「ThinkPad X1 Carbon」。同じく14型で二軸ヒンジを利用して360度の開閉が可能な「ThinkPad X1 Yoga」などを展示。さらに、ThinkPad X1シリーズと一緒に持ち運ぶのに便利なモバイルディスプレー「ThinkVision M14」やZoom Roomsを使い、オンライン会議が簡単に始められる「ThinkSmart Hub 500 for Zoom Rooms」なども紹介するなど、豊富なアクセサリーを会場に並べた。

ThinkPad X1 Yoga。DolbyVision対応の4K液晶モデルも計画中とのこと。

どこでも働く時代に合わせて、マシンの機能を刷新

 働き方改革が推進され、企業で求められるパソコンの在り方も少しずつ変化している。そんな中、レノボが新製品で提案するのは“オンライン会議”や“場所の制約を超えたコラボレーション”の快適性。そしてモバイル環境でもデスク作業と変わらない生産性を生み出すことだ。具体的には、ビデオ会議を快適にこなせる高音質なマイクとスピーカー、のぞき見防止(ThinkPad Privacy Guard)やカメラを物理的に隠す機構(新たにIRカメラにも対応したThinkShutter)など、利用シーンに合ったセキュリティ機能の提供、そして、テレワーク時でもデュアルディスプレーで快適な作業ができる点などが挙げられる。

ThinkShutter

 新しいX1シリーズでは、狭額縁化や軽量化に加え、広めの会議室でも360度方向からの音を拾える4つのマイクアレイ、聞き取りやすい声や迫力ある動画再生を可能にするツィーターとウーファーの搭載などにもこだわった。

マイクは液晶の上枠に4つ搭載する。

 マイクは3m離れた場所からの声も快適に収音できる高性能を確保。スピーカーはキーボード面のヒンジに近い位置にツィーターを1組(上向き)、パームレストの裏側にウーファーを1組(下向き)と合計4つを用意している。ウーファーについてはユニット体積が75%増加しており、かつラバーブッシュによって大音量でも筐体がビビらないとする。機構設計に当たっては、このスピーカーの位置とWi-FiやLTEアンテナの位置を、初期段階から優先するなど特に力を入れたそうだ。

ThinkPad X1 Yogaの内部

 アンテナ位置については従来、液晶フレームの上部としてきたが、狭額縁化によってこれが難しくなった。そこでWi-Fiアンテナをヒンジ付近、LTEアンテナをパームレス付近に移動している。ただし、筐体と一体化した立壁アンテナとすることで、接続性や感度を犠牲にしないよう配慮したという。ここは金属と樹脂の三次元接合形状となっており、樹脂の材質・成形条件や金属表面のナノレベルの化学処理を工夫して、最適な接合になるようにしたという。X1 Yogaでは、電波を通さないアルミ合金製の筐体となったが、いつでも筐体の外側にアンテナが見えるようにして、接続の安定性を確保している。

LTEアンテナと大型化したウーファーが見える。
筐体と一体化した竪壁アンテナで、電波強度を確保

 ちなみに、X1 Yogaは、Wi-FiモデルとLTEモデルでボディーカラーが若干変わっているが、ここはアンテナ感度に関係して選択したという。

LTEモデルとWi-Fiモデルでカラーが若干異なる。

前へ 1 2 3 次へ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ