このページの本文へ

クラウド会計ソフトfreeeで、請求書を早期に資金化するサービス

2019年06月27日 08時00分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 OLTAは6月25日、「クラウド会計ソフトfreee」において、請求書(売掛債権)をオンラインで手続きをするだけで、早期に資金化できるサービスを提供すると発表。freeeの子会社であるfreee finance labとの協業によるもの。提供開始は7月を予定している。

 会計freeeで作成した請求書などの売掛債権のうち、OLTAで買い取れる可能性が高いものを同サービスのプロダクト内で「買取オファーリスト」として提示。現金化可能な請求書を把握できる。買い取りを希望する場合は、OLTAの情報連携に同意して申し込める。

 商取引で売上代金の入金期日までが長期にわたる場合、商品の仕入れや人件費の支払いなどの費用が先行すると、キャッシュフローが悪化することがあるという。OLTAの「クラウドファクタリング」は、販売先からの入金待ちの請求書を早期に資金化し、事業者が必要なときに必要な分だけ運転資金を確保できる。OLTAはfreee finance labと業務提携し、クラウド会計ソフトfreeeと連携することで、これまでにない金融体験を提供すると意気込んでいる。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ