このページの本文へ

各種ベンチマークテストを実施してパフォーマンスをチェック

税別10万円台でi7+1050 Ti、結構しっかり遊べる15.6型ゲーミングノートPC

2019年06月26日 09時00分更新

文● 山口優 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

一般的な作業や動画編集も快適なパフォーマンス

 続いてマシンの総合的なパフォーマンスを見るPCMarkを試してみたところ、図のように「PCMark 8 Home Accelerated」のスコアが「4096」、「PCMark 10」のスコアが「4796」という結果になった。

PCMark 8 Home Acceleratedの結果
PCMark 10の結果

 PCMark 10のスコアの詳細を見ると、PCの基本性能を示す「Essentials」が8427、ビジネスアプリの性能を示す「Productivity」が6624、クリエイティブ系アプリの性能を示す「Digital Content Creation」が5364といずれも快適さの目安となる3000を大きく超える数値になっており、ウェブ閲覧やOffice文書作成はもちろん、写真や動画の編集なども快適にできる性能を持っていることがわかる。

CINEBENCH R15の結果

 さらに「CINEBENCH R15」を試したところ、CPUのシングルスレッドが175cb、マルチスレッドが1087cbとなった。6コア/12スレッドのハイエンド向けCPUを搭載していることもあって、どちらも非常に高いスコアだ。

エントリー向けながら高性能なGeForce GTX 1050 Tiを搭載

GPUはGeForce GTX 1050 Ti(4GB GDDR5)が搭載されている

 Dell G3 15のGPUは、モバイル版のGeForce GTX 1050 Tiが採用されている。GeForce GTX 1050 Tiは薄型ノート向けに発熱や消費電力を抑えたMax-Qデザイン版もあるが、本製品に搭載されているのはMax-Qではなく無印の方だ。パフォーマンスはどのくらいだろうか?

3DMarkでは、Fire Strikeで6871というスコアになった

 そこでまず3DMarkを試してみたところ、次のようにゲーミングパソコン向けの「Fire Strike」が6871(Graphics scoreは7640)となった。Max-Q版を搭載したノートに比べるとやはり若干ではあるがスコアが高めになっている。

3DMarkスコア
Time Spy 2500
Fire Strike 6871
Sky Diver 21113
Cloud Gate 26731
ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー